2016/12/04

診察

うわっ…私の人生、
緩急激しすぎ…

最近、忙しくなる時とそうでないときの差が激しく、なかなか暇になりません。

ゼルビスの遺品の出品が滞っております。



どうも、ついに電車を使い始めた私です。
使い始めてすぐに人身事故の影響で一時間近く止められましたよクソックソッ

やっぱり電車は好きません。

今日は先日止まったビラーゴの診察。
ネタも無いのでサクッと行きましょう。

先日私が頑張って押してきたビラーゴですが、何とか直らないか試行錯誤を繰り返して帰ってきました。

プラグ変えたりガソリン入れたりインシュレーターのひび割れが無いか調べたり、ひび割れが確認できなかったけど何が起こるかわからないのでインシュレーターにビニールテープ巻き付けたり。

しかし結局何も効果はなく、ただただ疲れただけ。

が、翌日。

201611281852391c1.jpg なんか父が「エアクリーナーやばいかも」とか言いました。
エアクリーナー……。まあ確かに自分は見たことないし、いい機会かもしれな……

20161128185241530.jpg な……なんか足りない。

2016112818524564c.jpg ついでになんか溜まってる。

2016112818524134c.jpg そしてなんかこびりついてる……。(ダクトの中)


エアクリボックスの中に何かの粉が大量に溜まっています。あと黒い塊も。


あー。わかりました。
これは、エアクリの残骸……。


まさかこんなことになっているとは。
今までろ紙のタイプしか使ったことが無かったので、こんな劣化の仕方をするなんてとても考えちゃおりませんでした。

実は私、ビラーゴが停止する前日にバイクを探しに高速に乗ってました。
普段出さない速度(80㎞/h)でしたので、今までなんとかギリギリ耐えていたエアクリにトドメを刺してしまったのでしょう……。



うーむ、よく高速で止まらなかったもんだ。
後ろから見ていた人によると、
「加速するとき黒煙吹いてた」
そうですからね。
地上で空中分解できそうなほどにボロいですからね。



なに言ってんでしょうね。



まあ、ひとまず直すべきものは見つかりました。
これだけなら大したお金はかからなそうですが、労力が……。
だって、エアクリのダクトがフレームの中……ってか、フレームそのものなんですよ。

で、なんかこびりついてるんですよ。

ああ……考えるだけで面倒くさい……。
2016/11/28

突発性二輪故障及不調症候群を発症

またまた忙しくなってまいりました。

隔週更新にでもしますかねー。



どうも、先週暇と言っておきながら更新サボった私です。
まあブログなんてそんなモンですよね。生活第一。

……いや、単にネタがなかっただけなんですけどね。

なんて言いつつ。実はこないだ、なかなか面白いことが起こりました。


それは先日の、あの雪の日のことです。

私は考えの足らない男ですから、いつものようにカッパ着てビラーゴに乗り込み、寒い寒いとヘルメットの中で喚きながら通学していました。

なんですが、ビラーゴはいつもとはちょっと違いました。何かパワーが足らないような、ちょっとした違和感。

が、私は、きっと馬鹿みたいに寒いからだろうと思ってました。

しかし自宅から30分ほど走ったところで、突然ビラーゴに異変が。
なにか音がおかしい。明らかにパワーが無い。吹けない。

あ、もしかしてこれやばいやつーーー?
と思ったのもつかの間、ビラーゴは250ccVツインから125ccV型単気筒のスーパーポンピングロス仕様へと変わりーーー

そして、そのまま沈黙してしまったのでした。



……と。要は通学途中にぶっ壊れました。
いや、もう二十年近く前のバイクですし覚悟はしてましたよ。そりゃーええしてましたよ。

でも雪の日に止まるこたないじゃん……!!

おかげで私、あのファッキンコールド(くそ寒い)ななかバイクを置かせてくれるとこまでビラーゴを押し歩き、置いたら置いたで駅まで歩き、学校に着いた時には1時間半が経過していました。
その間ヘルメットは持ちっぱなし、バイク装備は着っぱなし。

不審者として通報されてもおかしくはありません。


その後、以前ビラーゴが片肺だったことがある、という情報を父からゲット。
その時はプラグで直ったようで、きっと同じだろうと帰りにプラグを買って、車載工具ないのでプラグレンチも買って、ビラーゴのもとへと急ぎました。

で、交換しましたところーーー

20161128195138ed2.jpg アッサリかかりました。

嬉しいような、たったこれだけのことで、と悔しいような。
でも、これでようやっと家に帰れる、と救われた気がしました。





もちろん気がしただけでした。
ビラーゴちゃんそんなに甘くない。

少し走ったらまたグズつきはじめ、やっぱり止まってしまうのです。
ガス欠のような症状だと感じてましたので給油もしましたがやっぱりダメ。

結局、ほとんどを押し歩き、たまにエンジンがかかったらいけるとこまで走る、を繰り返して帰宅しました。

学校を出たのが6時半過ぎ、家に着いたのは11時ピッタシくらい。体から湯気が上がるくらい汗だくでした。

よく風邪をひかなかったもんです。



長くなりましたので続きは次回としますが、実は原因はすでにわかっております。
次回はそれを紹介できたらいいな、なんて。

ではでは。





……いやーしかし。
紹介してないので知らないでしょうけども。
古いので当然ですが、ビラーゴはトラブルが絶えませんねえ。

流石に「じゃじゃ馬」「お転婆」なだけはありますな。
なんちて。