2017/01/15

ゼルビスの明日はどっちだ 第2弾

昔の記事を読み返すと恥ずかしくなる……。
日記、ブログ等でよくあることですね。

私は2回くらい前の記事でもそうなることがあります。



どうも、恥ずかしいヤツです。

最近ネタが無かったんで、昔の記事とか読み返していたんです。

そうしたら、文が読みづらい、言ってることがよくわからない、そもそも間違ったこと書いてる、なんかノリが恥ずかしい等々、見たことを後悔しました。

推敲大事よ……。


気を取り直しまして、久々の乗りたいバイク考です。

以前はジール乗りたいとかで終わりましたが、冷静に考えたらジールはヤバいです。

私は通学にバイクを使用してますが、通学というものはバイクにとっちゃ過酷そのものです。
走行距離は1年に一万キロ超ペースですし、朝は時間もありませんから、満足な暖機も難しいのです。

そんな環境で、今から10年以内に生産していたのがホーネットくらいしかない、しかも回さないと走れない250cc4気筒に乗るのは正直無理。燃費も気になりますし。


しかし。
それはわかってるんです。でもやっぱり、若いうちにしかやれないような遊びをしてみたいのです。

そこで考えました。
経済的で遊べる、そう簡単には壊れない、高年式なバイクはないのか?


……アッ、あるじゃん!


201701151721067fa.jpg 

こういうのですね!



というワケで今回はオフモタ系を中心に探してみました。


あ、DRZは興味ないですよ。だってシート高イジメなんでしょう?



さて、ではさっそく一台目の乗りたいやつ。

20170115172017f01.jpg 
XT250Xです。
セローのエンジンを積んだモタードですね。

どうにもこやつ、セローとトリッカーの人気に押されてあまり売れてないようなのです。
そのせいで中古車市場でも少々お安め。

でも私のほしい要件は全て揃ってるのです。
現行があるくらい高年式(先日カタログ落ちしましたが)、燃費ヨシ、パワーは実用的ですが軽くて
遊ぶのにもヨシ、デザインもよく(特にお尻)、なのにあまり周囲と被らない。

極めつけは超低シート。こいつモタードのくせに790㎜とか、コレはもう心の友といってもいいんではないだろうか……。実際、座ってみたらゼルビスより足が着きました。


XTはおしまい、次はこやつ。

20170115172019c70.jpg 
カワサキのスーパーシェルパです。
2007年まで製造されていたようなので、個人的には高年式。まあ今年で十年経っちゃいましたけどね。
こやつの良いところは、のほほんとした見た目の割には高出力なところ。XTがキャブ車でも21psのところ、26psもあるようです。
燃費も46㎞/Lと優秀、シート高も830㎜でやさしい。

おいおいカワサキそんなんじゃ俺買っちゃうぞ……と思ってたらオイル漏れることがあるようです。
う、うーん……カワサキだ。でもいいバイクなのには間違いなし、まだ候補。


次です。

201701151720183a5.jpg 
XR230モタードさん。
こいつは2012年まで販売されてましたし、完璧高年式。

キャラクターとしてはXTに似ておりますが、XR230のエンジンはとても息の長いモノ。耐久性の観点から言えばピカ1……あれ、セローも歴史長いか。


え、えーと……色がすきです。あと近所に売ってたんです。




と、これぐらいです。どれも高年式で軽量、低燃費、低シート高。
細身でコンパクトさも持ち、通勤通学にぴったりでございます。でも遊べる。

いやーどれがいいかな……ホンダ党の私としてはXRなんでしょうが、XTのお尻は捨てがたい。でもスーパーシェルパって名前の響きも好きなんですよねえ。




まーでも、やっぱ好みのカラーリングのやつですかね。カラーリングってバイクを所有し続けるうえでは大事な要素ですよね。
XTはカラーが好みとちょっぴりずれてますし(インターカラーは好き)、カワサキはライムグリーンですし。
XRは黄色なんてのはお気に入りですし、




20170115172106e82.jpg 赤なんかは私の一番好きな色ですしねー。

コメント

非公開コメント

No title

「で、こちらに下ごしらえを終えたものを用意しております」

ってもう料理番組じゃないんですからー!

セロー系は意外と重いです。あと古いプラットフォームに後付けで色々増やしていってるので整備性がアレです。

私は実家にスーパーシェルパがありますが、ハンドルの切れ角が自転車並という恐ろしいフットワークはクセになります。

見慣れると結構可愛げがあるんですよ。
シートが厚めで尻にやさしいところとか。始動性が最高に悪いところとか。ヘッドカバーからオイルが漏れるところとか。キャブだし(ニッコリ)

Re: No title

> ろりつねさん

ええ、つまりコレは3分で考えたオチだったのです!

……ということはモチロンなく、結構前から考えてたオチなのでした。
実際にやってみると案外面白くもなく、割とショックです。

セロー系が重いとは意外でした。トレッキングバイクってだけで勝手に軽いもんだと思ってましたので……なるほど、きっと当時は軽かったんでしょうね。SRみたいな変遷ですね……。

しかしスーパーシェルパ、カワサキらしからぬモデルですねえ。呑気な面構えに優しいシート、手がかかるバイクほど可愛いとも言いますし。優しくて可愛いなんて理想の彼女みたいですね。

……つまりカワサキは漢じゃなくて女の子だったんですね……!