2020/01/20

新型アフリカツインに乗ってきた話

ホンダが!

ついに!

勝った!





ダカール勝ったぞおおおおおおおお!!!

944dfbf6.jpg


新年あけまして勝ちましておめでとうございます私です!


いやーやってくれましたMonster energy Honda。

やってくれましたリッキー・ブラベック。



20191118002641d61.jpeg
アフリカツインのグランプリレッドも誇らしげでございます。


ついにKTMの牙城を崩して総合優勝をもぎ取ってくれました。最高の年明けです。





それはそうと、なーんで新年一発目がこんなに遅くなったかっていうとですね。

1にほとんど毎日残業だったのでゆっくりサボったのと、



B00LIT1UHY_02.jpg
2にこれをですね。買ってしまったわけですよ。


血を受け入れたまえよ。


いやーもう4年?5年?も一切情報を仕入れず我慢していた甲斐がありました。




ほぼ完璧にすべてが初見!




知ってたネタといえば、

「本屋で夜空を指さしお父さんこれ気持ち悪い、青ざめた血の空だよとのたまった啓蒙高すぎ娘&娘が怖がっているものは見えず、ただただそれは勘違い、見間違いだと諭す啓蒙皆無のお父さん


という、何やら色々と混ざりすぎてツッコミどころ満載のアレだけでした。



さてワタクシ、ソウル系はもう初期デモンズからやっているくらいのハマりようでしてね。

周回も結構重ねましたからね、割とサクサク行けるべと思ってたんです。



最初のエリアで50回は死にました。やっぱフロムはこうでなきゃなァ!





さて、そんなゲーム熱が再燃してしまった私ですが、ゲームをやるのは大体仕事終わりか、雨が降っててバイクできない日。

今まではバイクできない日は家でネットサーフィンだ何だと行っていたワケですが、とりわけ漫画を読んだり雑誌を読んだりして過ごすのが普通でした。



まだギリギリ家にゲームが無い昨年12月頭頃の話です。

いつものように雑誌の物色に本屋へ行くと、新型アフリカツインの出版社向け試乗インプレがズラリ。


おいおいコレはアフリカツイン乗りとしては気になるところじゃねえか……とばかりに、旧ガルルことGO RIDEを購入し、家でじっくり読むことといたしました。

オフロード系雑誌ということでオフロードの試乗記も充実、新型も良さげだなーなどと思いながらページをめくっていると、



202001212241083bc.jpeg
こんなページが。

ほうほう12/14・・・って発売日翌日に?そんな仕入れるのか。

まあそれはそうと、ドリーム府中で試乗会開催、しかもASESなんと最高グレードじゃありませんか。



これは非常に興味があります。

現行型が欲しいんだ!と言って新型を知りつつもアフリカツインを購入しましたが、だからと言って新型への興味が無い訳ではございません。

新型はTMSでも跨りましたが、とにかく足つきはいいし、すごくコンパクト。

これで車重もかなり軽くなったらしいから、そんなの絶対に乗りやすいだろうなーと常々思っていたのでございます。



ということで、ちょうどよくマイアフリカツインの走行距離も伸びてきていたので、2回目のオイル交換も兼ねて行きつけのバイク屋のある東京に移動。

そんでもってドリーム府中行ってきました。

アフリカツインでアフリカツイン乗りにきてやったぜオイ!(喜んでくれました)





さて、今回の試乗会は基本的にASESのMT、DCTの両方を乗ってもらうという趣旨で開催されたらしく、増えた電子部品の説明も合わせ、かなり丁寧に事前準備の時間が設けられていました。

GL1800乗ったときとはエライ違いです。



product-05.jpg
私がまず乗ったのは勿論DCT。先に車体に慣れてしまおうという目論見です。





【跨ってみると】


跨って思うのは、やっぱり小さい。

メーターが凄く近くにあるとか、腕の伸びが緩くなったとか、とにかく色々近くなっていてとっつきやすい感じがあります。


image-05.png
で、何より足つきが物凄くいい。旧型LDと同じ仕様な上にフレームごとシート幅狭まってるそうですからね。



トレードオフで見た目の大きさもかなり小さくなってる感じはしましたが。

横に立つとやけに小さく感じる気はします。





【走ると】


おおっスゲエ!


・・・・・・ってなるようなパワーは正直感じられませんでしたが、そもそもそんなにスピード出せる領域では走っていません!

まあ試乗ですからね、そんなシチュエーション無かったです。


それでも気が付けたのは、マフラーが静かになったなあということ。


ていうか19年モデルの音がでかいだけかもしれません。

ユーロ4導入に伴って音量規制値が緩和されたので、ストレート気味のマフラーしてパワーアップした弊害でしょうね。


「DUCATIよりDUCATIっぽい音する」とモンスター乗りに言われたことがあります。




image-11.jpg
image-04.jpg
対して新型は排気バルブ採用のおかげか、低回転で非常に静か。

これは暖気中にご近所に気を遣わなくても平気でしょう。走行中に音が聞こえづらいのはチョイ寂しいですけど。


そしてDCT、これもIMUのおかげでさらに緻密な制御ができるようになったと聞きますが……やはり試乗コースでは「今は直線か、カーブか」なんてシチュエーションが殆ど無い!


ぶっちゃけ分からずじまいでした。

なんなら「ド新車(走行距離30Km)」なせいでDCTにアタリが付いておらず、私が乗ってきたアフリカツインのほうが繋がりが良かったです。

学習もしますからね、DCT。こればかりはしょうがないですね。



image-06.jpg
しかし、これは新型いいなあと思ったのは新型の電子制御サスペンション。

同じ道を新旧型で走ると、新型の乗り心地、とても良い!


旧型だって長いストロークでかなり乗り心地が良いほうなんですけど、電制サスがもっとすごい。

路面のうねりとかぜんぜん感じなかったです。以前CBRのSPで体感したことあったはずなんですが、こんなに違ったかしらと思っております。

まあ、あれは試乗コースが駐車場だったし、ジックリ味わえるほどの精神状態じゃなかったですが(怖すぎた)。



20分ほどの試乗を終えて戻ってくると、product-03.jpg
すぐさまMTに乗り換えて再度出発。

アフリカツイン=ATの意識がありすぎて初っ端からギアチェンジ忘れました。

しかしコレが初のアフリカツイン(MT)の乗車なんですが、MT楽しいぞ!


なんというか、何かにつけて軽いです。

ぶっちゃけ雑誌の試乗記によくある、「MTとDCTの重量差が~・・・」という意見は「んなもん雑誌の一記者にわかるのか?」と半分疑ってたんです。

しかし、バイクを起こすときの差とかでは感じないんですが、曲がるときは絶対MTのほうが軽い気がする。

よりオフ車らしい動きをしてくれる感じがします。



それにギヤの入りも良いしクラッチも軽いし、低速が強くてエンストしづらいし。


これASじゃなくてスタンダード乗ってみたかったですね・・・・・・これより10kgも軽いんでしょう?


軽すぎてシート高870mmでも乗れる気がします(言葉の綾)。





そんな感じで合計1時間くらいの試乗会でしたが、予想以上に電制サスが良かったことと、コンパクトに感じたのは気のせいでは無かったこと、また、MTがやたらと面白かったことがトピックスでしたね。


実はコンパクトなのが一目瞭然な写真を撮ってもらいまして、そちらご紹介。



20200121224111229.jpeg
まずこちら、旧型マイアフリカツイン(前方絞りローシート850mm)。

シートから地面までの最短距離に真っすぐ足を通しているため、引っ張られた背中も真っすぐ……と思いきや、ハンドルが遠くて肘が伸びて肩に力が入り、まっすぐに見えてごく僅かに前傾といった様相。

突っ張ったくの字状態というか、無理やり背筋を伸ばしたデスノートのLというか、なんかもう辛そう。



なんでこんなの乗ってんだコイツ???



信号待ちなどでもいつもこんな状態だったのでしょうか……(自覚ナシ)。

理論上はローシート化でますますハンドルが遠のいているハズで、走行中に結構腕が伸びているかなーというのは自覚あるので、若干前傾にならないと背中などが痺れてきてしまうことがあります。


20200121224109584.jpeg
前から。

両足を着けようなんてのはハナから考えていないので、思いっきりお尻をずらして接地しています。

まあ私にとってはコレは珍しくもなんともない訳ですが。




20200121224114b53.jpeg
対する新型アフリカツイン(国内仕様830mm)。

いや、これは素晴らしい足つきです。シートレールからそもそも細く、シート高も旧LD仕様なので、なんと両足が地面に付きます。


202001212241131d7.jpeg
片足だけであればこの通り。お尻はほぼずらしていないです。


イヤに伸び切っていた背筋や足がかなりリラックスしております。

足がベッタリついて力入れなくて済んでいるからでしょうね。


そして腕の伸びが改善されており、あれだけ怒らせていた肩も見違えるほど脱力しています。

シート高は勿論のこと、ポジションがコンパクトになったメリットは確実にあると言って良いでしょう。




とはいえ、「こっちにしとけばよかったーッ!」ってなるほどでは無いですね。

一年中バイク乗ってる身からすれば、ちょっとくらい辛くたって慣れたものです。


ていうか最近、弱前傾ポジションに慣れ始めてて、それこそちょっとヤバいです。

次のネタが計画倒れになってしまう可能性が……もう準備は出来てるんですが、いつになったら手を付けられるやら。




まあそれはそれとして、仮に新型を買うとしたら……。

スタンダードで足長仕様〈s〉のレッドを選ぶのは当然として、MTかDCTか、どっちにしましょうか。


6b5735e1-s.jpg
MTはぜひ最軽量のアフリカツインで体感したいところですが、IMUで高精度になったDCTも気になりますね。



2030年くらいになったら本気で考えることにでもします。

そのころには足長バージョンは残ってないかな?

コメント

非公開コメント