2019/12/30

アフリカツインのシートを加工に出した話

ようやく冬休みがやってきましたが、休みにはいる直前に忘年会があったんですよね。

例年、会の途中でビンゴ大会だのやって景品を配るんです。

で、私は幹事です。


あとはわかるな?





どうも。本年も当ブログを見に来ていただいて誠にありがとうございました。2019 最後の私です。

ここの更新が止まらないのも皆様が見てくれるおかげであります。



今年最後のどうでもいい話は忘年会の景品の話です。

幹事だから景品を選ぶ立場、つまり欲しいものを景品リストにブッ込めるぜ!という話。


欲しい物って言っても予算も限られてますので、一つ3~4000円くらいまでが限度。

そうなると定番の家電とかは選べないのですが、「新しい趣味を開拓してもらおう」ってことで、こんなのを検討していました。



2019120801254130f.jpeg
ナノブロック

レゴの半分以下くらいしかない、それはそれはもうちっっっっっっさいブロックです。

一円玉よりよっぽど小さい。


子供のころからブロック遊びってのは大好きでしたので、これ欲しいなーなんて思いながら提案。



まあ提案は通らなかったんですけど。




でも欲しいのには変わりなかったので、そんなに高いものでもないし、結局自腹で買ってしまったぜ!


2019120801253932e.jpeg

201912080125420ae.jpeg
PVすら見たことのないシン・ゴジラを!




201912300100424b2.jpeg
流石に思い入れ無さすぎるなと感じ、スケベな思い入れでバニーガール買っちゃいました。かわいい。

ブロックなのにチチだとわかる。デカい。表現力スゲエ。



やはりブロックという物は楽しいですね。

一つ一つはカクカクな筈なのに、作り方次第では丸っこくも見えるし柔らかそうにも見える。


私の幼少時代を形作り、学生時代の研究や今の職種へと繋がる重要なピースと言えるような気がします。ブロックなだけに。





さて、大みそかは大寒波も来るっていうのに涼やかに終わったところで、今年最後の記事もアフリカツインで締めくくって参りましょう。



いきなりですが、常日頃から言っておりますとおり、私は足が短いです。さらに言えば、背も低いです。


でかいバイクには向いてない体格なのです。



それでも乗りたいなと思ったらどうするか?




……いや、まあ「我慢して乗る」のほぼ一択なんですが、ときにはバイクの方からも歩み寄って頂きたいところ。

歩み寄り方としては、基本的に『ローダウン』もしくは『ローシート』になります。



で、アフリカツインにはその両方がございますが……ワタクシ、もともと車高の高いものをローダウンして乗ることに耐えられないのです。


人が乗っているのは全然構わないんですよ?こればっかりは私の気持ちの問題なんです……。




とにかく、そうすると自ずと足つき向上策はローシートになるのですが(ホントはローシートすら付けたくないですが)……。



41wKRBnpjwL.jpg
ホンダから出ている純正ローシート、妙に足つきが悪い。



「なんか言ってること矛盾してねえか」とお思いでしょうが、これはたぶん真実。


確かに数値上は『20mmダウン』なんですが、どうも標準シートの高さ方向だけ削ったような形状なんですよね。

アフリカツインのシートはざっくり台形なので、上だけ削ったら座面幅が広がります。



この幅がクセモノで、私みたいなやつが跨ると、ガニ股に近くなってしまうんです。



ガニ股では当然力は入らないですし、足の踏み替え時、お尻の横移動量が増えます。

なまじグリップの利くシートなだけに、引っかかったときはかなり危険。



じゃあどうすんのって言ったら、シートを細くします。

で、細くするにはシートを加工に出さにゃなりません。



そんな経緯で、当時検討してたところが2つありまして……。




スクリーンショット (26)
有限会社野口装美

ダカールラリーのHRCも採用する、『ノグチシート』の会社です。何よりも見た目がカッコいいし、HRCも採用してるなんて最高じゃありませんか。

私のアフリカツインもワークスCRFカラーですし、絶対に似合うと思います。


スクリーンショット (23)
ていうかアフリカツインの施工例メチャ多いです。カッコいいです。


もちろん性能も魅力的で、特に『T-NET』という衝撃吸収材がとても良く、薄くても快適なシートが作れるのだとか。

シート表皮のオーダーも可能です。ワークスチームと同じスエードが人気みたいですね。




スクリーンショット (27)
もう一社が株式会社K&H

ここは「レースやってます!どこに供給してます!」と大々的に謳う会社ではないですが(供給はしてる)、ここも長年の経験に裏打ちされた高品質な製品をつくる会社です。


もともとはFRP外装パーツを作る会社として立ち上がったようですが、外装パーツを作る過程でシートも作り始め、今ではシートベースも型に入れシートウレタンを一体成型する、量産シートと何ら変わりない製法でカスタムシートを製作しています。

FRP製品のノウハウを生かし、やろうと思えばシートベースまで作れてしまうので、アフリカツインのスーパーローシートなんてものも最近出したそうです。

こちらもシート表皮のオーダー可。




どちらも使用者の声は好意的なものばかりで、であれば残りは見た目と値段くらい。

で、見た目で言えば、私は圧倒的にノグチシートなのです。アフリカツイン買う前から割と憧れてましたし。


ということで「純正表皮流用、シート高20mmダウン、シート前部は限界まで絞り込み、『T-NET』仕様」でノグチシートに見積もりをお願いしました。


が、その返答は悲しいことに「純正表皮流用の場合は10-15mmダウンが限界」というもの。

これは社内基準的なものもあるとは思いますが、それ以上は厳しいそうです。


しかもT-NETまで入れてしまうと、値段が3万後半までいってしまうようで、これちょっとどうしようという気持ちになりました。


対するK&Hはもとより件の条件でラインナップしていますし、シートの削り等の手間のかかる作業を無くせるインジェクション成型の恩恵か、お値段も3万弱と比較的リーズナブルです。


ただ、K&Hはネームプレートが付くんですよね。

これ、ズボン引っかけて破いたり、ネームプレート取れたりしないかな、なんて思ったり。



ただまあ、一応足つき優先で考えていたのもありますし、やはりここはより座面を低くできるK&Hが良い選択に思えます。


ということで早速オンラインショップにて『お持ちのシートを加工』にチェックを入れて注文。

「何日までに返送するので、その一週間前までに送ってください」というメールが届き、それに従って梱包、発送いたしました。


で、だいたい2週間後。



20191022185855977.jpeg
届きました……いやあ、買っちゃったなあ。


中には加工済みのシートと取り外された純正シートウレタン。

ちょっと使い道わかりませんけど、これやろうと思えば元のシートに戻せますよってことなんですかね。





20191022185851529.jpeg

2019111800264012b.jpeg

で、取り付けました。

一見下がっているようには見えないですが、きちんと下がっております。


しかしハイポジで跨った瞬間からわかりました。これは下がっているぞ!


純正ローポジとK&Hハイポジは数値で言えば同じシート高ですが、その足つきの差は歴然で、足の指しかついてなかったのが
指の根元あたりまで付くようになったイメージ。


例えるなら……えーと、

8acfedca511d9bba9b9dba83a20cbf9c.jpg
純正シートローポジがWR250Xで、


1_l.jpg
K&HハイポジはCRF250Mって感じです。


うーん、更にわかりにくいですかね。



とにかく足は凄く着きやすくなり、コレのおかげで乗れる気のしなかったアフリカツインに乗れるようになり、東京のヨドバシカメラにすらこれで行くくらいになったんですよ、という事実は理解をお願いいたします。



いやほんと凄いことなんですこれは。



東京、ましてや地下駐車場で、発券機まであるヨドバシに行こうと思えるくらいになるだなんて。


東京から栃木に移動する道中で泣き言を言っていた人間のすることとは思えませんね。




また、ローシートなのに快適そのもの。

座面形状の最適化が図られているらしく、お尻の乗る部分は広めにとられているようです。


実はK&Hの場合はシートウレタンの固さをオーダーでき、歯ブラシよろしく、「かため」「ふつう」「やわらかめ」なんて選び方ができるのです。

体重から大体の目安も載せてくれてまして、私の場合は「ふつう」で注文しときました。感触は上々です。




が、こうやって快適になる場所があると、同時に気になってくるポイントが出てくるもので……。


アフリカツインに乗ってると、お尻の痛みはほとんど無しなんですが、どーも腰や肩が痛かったり腿から尻にかけて痺れてきたりします。

……結構重症ですね。



その日の体調にもよるんですが、だいたい1時間ちょっと乗ってれば何かしらが来る。

折角の大陸横断マシンもこれでは形無しです。



原因はなんとなーくわかってきてますが……うーん、それはまた来年の記事で。





さて、今年も残すところ2日を切りました。

今年はどんな年だったでしょうか。



私のトピックスと言ったら当然アフリカツインの納車。

9月末の納車されてからというもの、今年最後までずっとアフリカツイン関連の記事でしたからね……更新回数は少ないですけど。


買うまでに色々と、乗るまでにも色々と問題が出ましたけど、それでも楽しくて毎日乗りたいくらいの気持ちです。

実際は休日しか乗れないので3000㎞すら走っていないですが、来年からは行ける範囲もぐっと広がりますし、今から有給の使いどころを楽しみに検討しているところです。



が、距離が増えりゃそれだけリスクも増すというもの。



ある程度以上の計画を立てず、ふらふらとツーリングするのが好きな私ですが、「無計画」「強行軍」だけにはならないように注意して行きたいところです。


人に心配かけず、無事家に帰るのが私たちの務めであります(前科持ちの私は特に)。




それでは皆様、重ね重ねになりますが、本年はありがとうございました。

来年も何卒よろしくお願いいたします。


よいお年をお迎えください。

コメント

非公開コメント