2017/02/09

AIキャンセル続き

こないだちょっと面白い話を聞きました。
それは今の自動車メーカーがなぜFRの自動車を作らないのかって話。

簡単に言えばお金がかかりすぎるんだそうです。
まあでも、「それくらい知ってたわ」って人も多くいるでしょう、だって私も知ってましたもの。

でもちょっと桁違いでした。



どうも、高校生になるまではクルマ一辺倒だった私です。

現在主流の駆動方式はFFですが、FFが選ばれる理由はなんてったってコストの低さ。
エンジンから最短でホイールまでアクセスできるので部品点数が少ないのです。

その点FRの自動車ですが、プロペラシャフトとかデフとか、部品点数が多いですよね。
だからお金かかるんですね。
でも、そんくらいなら大して値段も上がんないんじゃないの、とも思えます。
四駆だってそうじゃんといった具合に。

が、そう簡単な話でもないらしく、現在FRの自動車はそもそも開発が行われてないので、何を作るにもベースが無いです。
すると開発費用はどんどん膨れ上がり、たとえ大した性能でなかろうと庶民の手に届かない価格になるみたいです。
まあ開発費が一億とかならまだしも、ウン億とかなっちゃいますとね。どうにもね。

86/BRZが共同開発になったのはこれが原因では、という話でした。
天下のトヨタ様ですらスバルと一緒にやらざるを得ないんですねえ。

しかしこの理論で行くと、つまりFRよりはミッドシップのほうが安いってことになるんでしょうか。

S660とかもありますし……新型S2000はミッドシップですかね?




おっと、関係ない話をしすぎてしまいました。



前回、ドリームで何とかタンクボルトを外してもらえ、タンクが外せました。今日はそこから。

20170204215608cba.jpg
ご対面できました、これがAI装置ですね。いかにも後付けしましたって感じです。
沢山のホースや配管がつながってます。

では、これからAI装置を取り外すワケでありますが、AI装置を取り外しただけでは大した変化はありませんし、排ガスが取り込まれず、新気が取り込まれるようになることから、さらなる希薄燃焼化が進んでしまいます。

AI装置は取り外したあとが肝心です。



ですので同時にキャブも弄れるように取り外し、ないしはスペース確保をしなければならないのですが、ちょいと問題があります。

それがXRのキャブ周りの整備性の悪さ。

セルのない時代のはよかったそうなんですが、セルが付いてからというもの、猛烈に整備性が悪化したようです。
「知恵の輪」なんて言われるほど面倒らしいそうです。



で。

そのXRのキャブを取り外す第一歩が、まずインシュレーターを取り外すことらしいんです。

インシュレーターをエンジンから外し、インシュレーターごとキャブを引きずり出す、ってのが正攻法で、いろんなサイトさんでその方法が詳しく書かれています。

ですがね。

20170204215611040.jpg
件のインシュレーター……キャップボルトで止まってるんですよねえ。

これ私ちょっと疑問に思うんですけどね。

皆さん簡単に「取り外します」とか言ってますけどね、キャップボルトですよ。
しかもエンジンに直に刺さってるんですよ。
作業スペースも大して広くはないんですよ。
工具入らないんですよ。

こんなん、タンクのボルトを舐めるようなヘタレには無理でしょう。

焼けて固着してるかもしれないんですよ。



そんなワケで私には怖くて無理!


201702042158415e9.jpg
なので後ろからいきます。

サイドカバー取り外してーの

201702042159537ec.jpg
テールカウルも取り外すのでシートバッグ(笑)も取り外します。

関係ないですが私このバッグが長ーいベロをベロンベロンしているモンスターに見えてしょうがありません。

20170204215952a56.jpg
バッテリー周りの配線、

20170204215834ba3.jpg
スターターリレーのところも抜かりなく外します。

20170204215828f56.jpg
シート下の配線も全部外して、

2017020421584027c.jpg
マフラーも取って、



……あとまあ何か色々と邪魔になるもの取り外したら、



20170204215821ab0.jpg
ドーン


と、サブフレームを外しちゃいます。サブフレームを締結するボルト、下側はまたしてもキャップボルトです。

まあでも工具サイズが6とデカいうえに、作業スペースは無限大ですから、そこまで苦労はしないでしょう。

上は六角の普通のボルトですが、恐らく組立の都合上、サブフレーム締結後に上から塗装されちゃってますので、バリバリと塗膜を崩しながら緩める羽目になります。

胃が弱い人はやらないほうが身のためかもしれません。

あと配線は一本一本確実にフレームの隙間を抜いていきましょう。まとめては絶対に無理です。

ていうか順序立ててやらないと抜けてくれません。こんなとこでも知恵の輪か!


201702042159568f5.jpg
その後は、エアクリボックスを外そうと奮闘していましたが手間取り、

201702042158272eb.jpg
すっかり真っ暗になっちゃったのでした。





まー充分進めたので今日はもうゴールしていいよね、って感じでございます。

次はいよいよキャブを外すわけでありますが、もうかなり体力とやる気を消耗しています。

前も言いましたけどこれ納車一週間です。
なんでキャブ外すのにこんな大分解しなきゃならんのかと嫌になってきてますが……めげずに頑張りましょう。

コメント

非公開コメント