2016/03/23

カスタムとは以下略 ゼルビス キャリパー流用編 その6

また間が開いてしまいました。理由は次回あたりで……。



さてさて。
ローターが取り外せたことですし、交換予定のVツインマグナのローターとの比較をしてみましょうか。数値上では20mmのサイズアップですから、目に見える違いを希望!

20160316222524da6.jpeg
↑ゼルビス純正

20160316222526196.jpeg
↑Vツインマグナ純正



……わからん!(こんなのばっか)

もはや肉抜きの向きが違うぐらいしか変わらんのじゃ無いですかね。ゼルビスのローターの大きさに凄く敏感な人がいれば気付いて貰えますが、そういうちょっと変態っぽい人は少ないでしょう。たぶん。

……まあ、いいです。元々はキャリパーの交換が目的ですから。作業を進めましょう。

今度はスペーサーを仮着けしてみます。
20160316222523132.jpeg

20160316222521d95.jpeg
うーん。内径はギリギリOKな感じですね。押し込めば入ります。ですが、ギリギリというのは気分的によろしくないので後で削っておきましょう。ローター位置決め用のリブ(耳)はもう完全に高さが足りないですね。ローターのセンター出しが難しそうです。穴は……まあいいや。削ればよろし。

さて、いよいよスペーサーを削ったりキャリパーサポートを作らなければならなくなってきましたが、ちょっと疲れたのでやる気がおきません。ということで、他の取り付け準備をしておきます。

201603162226064ec.jpeg
残っているであろうネジロックをタップでキレイにかっさらいます。これをせずにボルトを締めると、残っていたネジロックが悪さをしてネジ山が壊れる、と脅されてからやるようにしてます。

2016031622252086a.jpeg
タッピンググリスなんて持ってないのでラスペネで代用。無いよりはマシでしょう。

20160316222603eba.jpeg
結構な切り粉が出たように見えますが、ほとんどがネジロックだと思われます。キラキラしたものはほとんど入ってなかったので、ネジ山の状態は悪くなさそうです。



今日は画像が多くなったので区切り。……としたいところなんですが、このシリーズ、長くなりすぎてダレてきてますから、ここらで楽をしちゃいます。

2016031622260922d.jpeg
ほぉいっ!(cv:大泉洋)
凄く精密な気功砲で長穴にしました。これで取り付けできます。

よし。これで心置きなく「つづく」と書ける。では次回もよろしくお願いしますね。



コメント

非公開コメント