2019/06/29

お手軽!週末パワーアップ作戦

車に蜂の巣を作られました。


虫にすら好かれてしまうとは。いやはや、人気者はつらい。





どうも。そこまで車をほったらかしにしていたつもりは無かった私です。


実際巣を作られてしまうと思い出すんですが、兆候はあったといえばあったんですよね。

ホイールハウスって言えばいいんですか?そこでやけに蜂がブンブン飛んでやがるなあと。

コイツ巣作ろうとしてんじゃねえか?と思って、その時はキッチリと追い払っちゃーいたんですがね。



20190629120942157.jpeg
まさか後ろのドア開けた所に作るとは。


私、蜂とドライブしてたみたいです。




なけなしの勇気を出して追い払いましたとさ。この世からな。





それはそうとカブです。


ここにカブ乗りがいくらいるかは存じませんが、カブ乗りなら少しくらいは巡行がきついと思ったことはございませんか。


普通の道を走るくらいならどうってことは無いんですよ。


問題は高速道路もかくやと言うほどに流れの速い一般道。

ココがまあキツイ。クロスカブなんてローギヤードですから60km/hも出せば唸り始めてますが、後ろからどんどん詰められますからね。出さないわけにもいかんのですよ。


そうなるとスプロケをロングに振って巡行での回転数を下げるのが一般的ですが、これには一つ問題が。


トルクが足りないとちょっとした坂道でも失速するようになってしまいます。


昔乗っていたCD125Tではフロント2T上げ!みたいな 暴挙 カスタムも行いましたけど、あれはなんだかんだ出力が11馬力もあったり、2気筒なので高回転寄りだったためにできたことでした。


たったの8馬力しかないカブではそんなことはできない。というか、既に坂道で60km/巡行がギリギリくらいの現状では夢のまた夢。


ではどうするかって言ったら、



20190518224245696.jpeg
パワーアップに決まってますよねえ。




どうも、今日からカスタム沼の一員となった私です。



さてこのビッグスロットルボディですが、FIカブ乗りの間ではずいぶんと一般的なカスタムとなりました。

なんと言ってもタケガワとかキタコとか経験あるメーカーが売っている割にはやけにリーズナブル、しかも交換も簡単ときてます。


毎日乗るバイクに、週末だけで作業が終わらないカスタムなんてナンセンスだと思っている私にはピッタリ。

タケガワよりJA44、JA45に適合するスロットルボディが発売されてからひと月後には購入してました。



交換の様子は割愛。簡単ですし手順の説明なんかいらないでしょう。

というかWEBでも説明書読めるのでそちらをどうぞ。


強いて言うのであれば、


20190518224255412.jpeg
インシュレーターバンド固すぎで緩まなかったから吸気系統ゴッソリ抜いてからバラしたとか、


20190518224312ccc.jpeg
IACバルブ初期化のために15分メーターを見つめ続けたとか、そういう苦労はありました。



さて、あとは本題のスプロケ交換。


20190518224310c63.jpeg

20190518224309c67.jpeg
相変わらずこういう比較はやってしまいますね。

みんな見飽きた構図のはずなのに何故でしょうか。


今回はフロント1T上げです。

リアが37Tですからそこまでハイギヤードにはならんだろうと踏んでの選択ですが、果たして。


2019051822430724a.jpeg
スプラインはカラカラでしたのでたっぷりグリスを塗っときます。

持ち合わせが無かったんでサス用に購入したグリスを塗ったんですが、無いよりはマシでしょう。






<< 感想 >>


あんまり変わりません。


あ、悪い意味ではございません。スプロケをロングに振ってるのに感想が「変わらない」ですからね。

本来であればトルク低下を如実に感じるところ、「変わらない」。


……正直に言えばダラダラ加速するようになってツマランとか、やはりきつい上り坂はやや苦しいとかありますが……まあ概ね予想通り、目論見通り。


充分成功と言って良い範囲でしょう。そのうち調整するかもしれませんけど。




ただ、学習にはかなりの時間を要した気がします。


初めのころはあちらこちらで息継ぎとトルクの谷を感じ、その度「あと100㎞くらい走れば良くなるだろ」と思っていました。


が、どうも100㎞どころか200㎞、300㎞と走ってもその癖が完全に解消しきらない。

二次エアを疑ったり、除電チューンをいったん戻してみたり、初期化し直したりもしましたが解消ならず。


結局1000㎞以上走りトルクの谷は消えましたが、3000㎞走った今でも始動直後での息継ぎだけは直りきりませんでした。

エンジンかけてすぐに走りだすような真似をしなければ問題ないということでひとまず決着としています。



なーんて言っといて、「アレが原因かな」ってのはあるにはあるんですけどね。次のネタに絡んじゃうのでまだヒミツ。




それはそうと、なんであんなに学習に時間がかかったんでしょうか。

やっぱり子供のころから勉強しないと身につかないって言うアレと一緒なんでしょうか。


確かに交換時は既に5000㎞越え。季節も天気も問わず走りました。

そうした経験値をみんな忘れろだなんてのは、なかなか無茶な要求だったのかもしれません。


今後も観察を続ける必要がありそうです。

コメント

非公開コメント

No title

ハチって色々な所で巣を作るんですねぇ
アシナガバチですかね。

刺されなくて何よりです。