2019/05/19

嘘かまことか除電の魔法

謎のアクセス数ジャンプアップ。

ナンデ?






あけましておめでとうございます。私です。

令和なんていうデカい節目だしもうちょいブログ見やすくならんかな?ということで、
様々な媒体から見ても同様のデザインで表示してくれる、所謂レスポンシブデザインなるものを導入してみました。

まあほぼ公式のテンプレなんですが。


そんなほぼ公式のテンプレのヘッダーとフッターに帯を付けようと思っただけで1日潰れましたよ。

WEBデザイナーってすごいんですね。




では本題。

近年、車業界で大事件が起きました。



トヨタのアルミテープがもたらす驚きの効果|GQ JAPAN|東洋経済オンライン


天下のトヨタがオカルトチューンにハマっていると公表したのです……!!


まさか車業界で世界一を争うことのできるあのトヨタが、つい最近には売上高30兆円という途方もない高みにまで上り詰めたあのトヨタが、高校生のうちには卒業しておくべきオカルトチューンにハマってしまうとは。

しかも風洞実験などという一般人にはまず使用経験のない超高級設備を使用し、トヨタという強力なブランド力でもって「効果あります」などと明言し、さらには既に採用している車種もあるとすら言うのです。


風洞実験というものがどれだけ重要かは知っているが、風洞そのものは良く知らない知る由もない一般人にはまさに「真実味」を覚えずにはいられない。


そればかりか特許まで取得して、深く切れ込みの入れたそれっぽいアルミテープを4枚で3000円+税で純正販売し始めてしまったのです。



ここまでやるのであれば、私たち一般人はこう思わざるを得ません。




こればっかりは「真実」なのでは?





……そうした数々の仕掛けにより「静電気はオカルトじゃない」思考を巧みに誘導され、ついには静電気チューンに手を出してしまった者は数知れず。

アルミテープに3000円も払えるか馬鹿野郎と強がる者もホームセンターで安いアルミテープとギザギザな切り口ができるハサミなどを購入し、トヨタの公表以前から怪しい静電気チューンを行っていた者も「ほらなやっぱり効果あるんだぜ」などとデカい顔をし始める始末。



いったいどれほどの人間がこの事件の被害者になってしまったのでしょうか。





かくいう私も被害者でして。(茶番おわり)



最近話題の静電気チューン、ぜひ私もしてみたくなったのです。


なんといってもお手軽、リスク皆無、そして効果が本物なら結構おいしいリターンがある!

だってトルクが増えるとか燃費が上がるとかそんな美味しいのホントに魔法みたいですよ。


買った本人が言うのもなんですが正直騙されてるとしか思えないです。



それでも買うのは何よりも面白そうだからに尽きますね。

男ならなんでもやってみるものさ!



20190518231247199.jpeg
ということで買いました。


NGCスムースドライブシステムと言うものです。

NGCってのはPOPヨシムラ直伝の手曲げ術をもったエキゾースト屋さんだそうですが、静電気に関してもかなり研究をされていて、どうもこのスムースドライブシステムも特許取得済みだとか。

特許ってそう簡単に取れるもんじゃなかったと思うんですけど……。競合がいないと案外通りやすいんでしょうか。



20190518231241a6d.jpeg

20190518231236d1f.jpeg
内容はバイク用品店でよく見る除電ボルト、そして怪しげな網。

この網はもうほんとです。


20190518231231cd4.jpeg
これ鉢植えの底に敷くやつじゃないの?


これがボックス内の静電気を除去するんだとか。馬鹿にしている訳ではなくて、本当にわからないです。



まま、つべこべ言わずに付けてみろってやつです。

取付はいたって簡単。


2019051823124490e.jpeg

20190518231238d41.jpeg
インシュレーターのボルトを変える。


201905182312357de.jpeg

201905182312337e7.jpeg
エアクリのカバーを取り外す。


2019051823123281c.jpeg
網を押し込む。

閉める。



終わりです。


なんか弄ったって気がしないですね……って、そんなのはどうでも良くて。




走ってきました。

結果、

・スロットルレスポンスが良くなった(気がする)
・低速域が力強くなった(気がする)
・35~45㎞/hのどこかで鳴る吸気音(こもり音?)の出る領域が狭くなった(ガチ)
・燃費に変化は特になし

こんな具合でした。



……いやほんとですよ。ホントにこんな感じなんですよ。

なんだかんだ言って私も7000㎞ちょっとクロスカブに乗ってきましたからね、ちょっとくらいの違いにだったら気が付けるはず



特にスロットル全閉~開(開度は問わず)のレスポンスが違うと思うんですよ。


ツキが良くなってるというんでしょうか。

それに伴って低速域のトルク感もアップ、今までと同じノリでスロットルを開くと若干ガクンと来るような―――なに?



プラシーボ効果だろって?病は気から?物欲センサー?





あーそうかいそうかい。

そういうこと言っちゃうんですね。


みんな信じてないんですね。



じゃあわかりました、ハッキリ言ってあげましょう。







20190518224244e32.jpeg
私もそう思う!


ここはナップス三鷹東八店、ダイノジェットを有する数少ないナップスです。

つまりはダイナモ回して白黒はっきりつけたろかという具合です。


それにしても、もう幾度となく東八店に行き、幾度となく見てきたダイノジェットを

まさかカブ如きで回すことになるとは。しかもほぼフルノーマルの。



除電なんぞよりお給料のかける魔法のほうがよっぽど強力ですね。



さて、予約をしたはいいものの平成最後のGWともあって2時間近く待ってからようやく回し始めたカブですが、まずはスムースドライブシステムありで測定しました。

回転数わからんのでレブリミットまで回してくださいと言いましたが、一度も聞いたことない音がしましたね。

あんな回るんだなあ。


しかして30分ほどで測定が終わり、条件が変わらないうちに急いでノーマル戻しをし、再度ダイナモの予約へ。

今度は手が空いたようですぐ始めることが出来ました。


で、更に30分経った頃お呼び出し。測定が終了したようです。



さあ性能は上がっているのか?はたまた同じなのか?静電気チューンはオカルトなのか真実なのか!?


装着前
ノーマル


装着後
静電気チューン


比較
比較


なんということでしょう、本当に性能アップしているじゃありませんか!


その数値、なんと0.02馬力アップ!ただしトルクが0.098Nmダウン!



そこ測定誤差とか言わない!



いやまあぶっちゃけ測定誤差じゃないのこれ?って感じなのは否定できないんですが、正しそうっていう理由もあるんですよ。


グラフを比較すると低回転域でのバラけは大きく、高回転域のバラけはほとんど無いように見えます。

もともと高回転じゃトルク出ないんですし、そこに除電がどうこう言っても何も効果ないと思うんです。


なので、仮に「高回転では性能は同じ」という考え方で比較すると概ね正しい値は出てると言えるんじゃないかと思うんですね。素人考えですが。


さらに一応低速トルクが下がって馬力が上がってるというこの結果。

まるで抜けのよいマフラーやエアクリーナーを装着したときのようではありませんか。

そして除電チューンの謳い文句は吸気効率の向上です。



なんだかどんどんそれっぽくなってきていませんか?


ただ、私が感じていたハズのレスポンス云々はグラフからは読み取れませんね。今回の測定モードがベースマップ測定という簡易的なモードだったからだと思われます。

ギアチェンジしないですからね。普通のバイクなら4速全開、カブなら3速全開での測定になりますから。


ということは次はフルコースマップを取るのがスジってもんですが……いや、あれはちょっと高いんで(5400円)ほかの人に任せます。

「ええ、そこまでやっといて?」なんて思ったお方、俺の(ブログの)名を言ってみろ!



とにかく!とりあえず変わるのは確実ってのが分かったので私的にはもうOKです。

人に勧めようと思ったわけでもないですからね。

「オカルトじゃーん」と言われたときに「いやいやそれが」と言える証拠(?)が出来ただけで満足なのです。




というワケで、どなたか同条件でのフルコースマップ測定の結果、首を長くしてお待ちしております。





あ。それと蛇足なんですが、



201905182325501cf.jpeg

201905182325507c9.jpeg
サスペンションチューニングボルトというやつもセットで買ったんですよ。

超ダサいですがせっかくの静電気チューン回なので贅沢に行ってみようと。


効果ですか?

これは本当に良くなったように感じます。

マンホールを乗り越えるときの感覚がXRに近づいた気がするんです。


でも証明する手立てが全く考えつかないんです。


なのであんまり自信もって書けないというか……そのうち考えついたら検証してみます。

コメント

非公開コメント