2019/04/29

平成最後のレビュー大放出祭り第三弾 ~ジャケット~

マジで平成終わる2日前!






どうも、段々レビュー飽きてきた私です。

ただでさえレビューの時は文章が出てこないのに、祭りだ何だと言って連載しようってんですから我ながら見通しが甘いですね。


それに早くレースとかイベントの話がしてえんだよな!!!



はい、すべて身から出た錆でございます。あともうちょっと頑張ります……(一回くらいは)。



早速ですが今回のテーマはバイクのジャケットです。

こないだまではオーバーパンツだのスタッドレスだのいまいち使用している人の少ないモノのレビューでしたが、今回はジャケットですから、今までよりは共感をしやすい話になることでしょう。




では早速レビュー……と行きたいところですが、一つお断りをしておきますと私は自他ともに認めるタイチマンでございます。



FuyBiDqV_400x400.jpg
初めてタイチを買ってからずっとタイチなので、タイチ以外わからない!


知らず知らずタイチびいきの論調になるかもしれませんが悪しからず。
一応平等に評価をするつもりでいるので許してちょんまげ。


image.jpg
ではまず初めて買ったタイチの真っ赤なWRパーカから。

これはゼルビスと同時期に購入、XRに乗り換えたのと同時期にお役御免でしたから、おおよそ二年弱は着てましたか。

つまりは現行のWRパーカではなくて、旧型になります(サイトが残っているとは思いませんでしたが)。


購入当時はバイク通学等は行っていなかったので、基本的には放課後+休日の使用がメインでしたね。

で、まずこのジャケットのいいところですが、それは結構軽いところ。

素材はナイロンか何かだったと思うんですが、見た目のごつさの割には軽量で着やすかったのを覚えています。


function1_ja.jpg
反面プロテクターは如何にも貧弱。ちょっと固めのスポンジのようなメッシュ形状のプロテクターです。


function2_ja.jpg
一応CPS(胸プロテクターのボタン)は点いてますけどね。

あともう一つ、春夏秋の3シーズン用と銘打つ割には性能に中途半端さが目立ちました。


function3_ja.jpg
裏地こそメッシュですが表地は風が抜けませんし、ベンチレーションの場所があんまり良くなくて抜けが特別良いほうではないです。

そして寒くなればジャケット自体の薄さが目立って若干冷えます。インナーに何か着た方が良いです。



20190428190726da7.jpeg

20190428190820efb.jpeg
そんな寒さに耐えかねた私がXR購入とともに買い替えたジャケットがこちらのソフトシェルパーカ。

インナー付きの秋、春、冬の3シーズンジャケットです。

これはWRパーカと比較するとかなり防御力が向上しています。


201707232047483f3.jpg

20170723204749468.jpg

201904281908211a1.jpeg
20190428190823a78.jpeg
プロテクターはCEになりましたし、表地の厚みもかなり増えてますので派手にコケたときも若干の擦り傷程度で済みました。


ところで私このジャケット結構お気に入りなんです。なんだかんだ既に二年着てますし。

まず着やすいのが良いですよね。

マットな仕上げで悪目立ちせず、サラサラな表地でシャカシャカしないのが良いです(語彙力不足)


20190428190830859.jpeg
ベンチレーションも位置がわきの下に変わりました。

開口もかなり広くなり、わき腹にベンチレーションがあったWRパーカよりも空気の抜けはいいです。


デザインも細かいところが変更されております。

function9_ja.jpg

20190428190835a83.jpeg
フード取り付け部とかだいぶカッコよくなりました。良く見える場所ですからね。


20190428190722fa1.jpeg

201904281908389ef.jpeg
ただしインナーは単品で着られるデザインではないです。

なんか昭和の戦隊ものっぽいです。


とはいえ防寒性能はピカイチでして、気温10度くらいですと暑い場合もあるくらい。


201904281907261c0.jpeg

201904281907274a1.jpeg
インナーはジャケットの肩あたりで引っかけます。

最初はこれだけで大丈夫なのかと心配でしたが、使ってみると全然問題ないです。


201904281907248fd.jpeg
インナーの裏地がサラサラなので、ジャケットを脱ぐ際に体が引っかかって袖が抜けてしまう……といったトラブルが起きません。
反面、着た瞬間だけは裏地が冷たいことが多いですが。




さあ次は夏用です。

といっても購入時にもレビューしたことありますけどもね。


201904281907287b7.jpeg

201904281907306b2.jpeg
以前レビューした際は「とにかく涼しい、プロテクターはそれなり、耐久性が心配」といった評価でした。

当時は評価できていない耐久性ですが、2シーズン使ったのでレビューしてみます。


まず結論ですが、心配していた通りになりました。


20190428190731ce7.jpeg
袖口です。

なんかボッソボソになってる!


なーんて言っておりますが、これは原因がはっきりしております。


20190429002638741.jpeg
コレです。


20190429002636bd4.jpeg

20190429002634773.jpeg
グローブの手首部分……ここ結構頑丈にできてますので、常に擦れてる袖口はもろにダメージを受けていたと予想します。

マジックテープが引っかかっていた時もありましたからダブルパンチだったんでしょうねえ。


20190428190735693.jpeg
そしてここは肩ですが、物凄い日焼けです。

常にリュックサックを背負っていたためにハッキリと色が変わっているのが見て取れます。
確かに長く日の下にはおりましたが、予想より早く色が変わりましたねえ。


さあ耐久性は予想通りの結果となってしまいました。

しかもこのジャケット、使ってみるとちょっとイヤーなところが。


20190428190733063.jpeg
首元!

コレの何が嫌なのかというと、走りだすと首が締まるんですよ。

しかも首が締まるだけならまだしも、ファスナーが食い込んできて痛いんです。

フードの重さが結構あること、風が抜けきらずパラシュート状態になってしまうことなどが原因かと予想しています。


これには非常に参っております。涼しいことには涼しいが色々苦しくて涼しい顔でいられんのです。
今年のモデルではこの部分は同じでしたので、今後の改善を期待したいところです。



以上です。





2019042819081793a.jpeg
どっちももうボロボロです。日焼けをピックアップしたのは後者だけでしたけども、前者も黒いはずのジャケットなのにピンク色になっちゃって女子力上がってますし、ファスナーは最近ちゃんと閉まらなくなってきました。

いやー正直買い替えたい消耗具合ですねえ。


ジャケットも年々性能も見た目も良くなっていますから、やっぱり興味が湧く沸く。


しかし見た目がちょいとボロっちいくらいでまだ使えるものを捨てるのももったいない。

そろそろ通勤用と趣味用を分けるのも悪くないかもですね。





……ま、お金があればですが。

コメント

非公開コメント