2019/04/07

TMCS2019行ってきた

レビューの途中ですがTMCSです。





どうも、カブのついでに「たまには」と思って車を洗車したら、翌日ボンネットに鳥のフンが落ちてた私です。

しかもその日のうちにイヌかネコかのフンを踏んだ私です。


糞みたいな日でした。う〇こッ


さて、開始早々うん〇の話題で大変臭いますが、
レビュー祭り()はいったん休憩して今更ながらモーターサイクルショーの話をしたいなと思います。


201904212133358dd.jpeg

今年はきちんと事前情報を仕入れておきましたが、もともとコンセプト車両の展示や本邦初公開なモデル等が無いのはなんとなくわかっておりましたので、見たいものをきちんと決めてから行って参りました。時間もないですしね。


20190421213322edd.jpeg

それにしたって撮った枚数が一番多いのがMoto2車両だとは思いませんでしたが。

今年から共通エンジンがトライアンフの765cc3気筒エンジンへと変わりましたが、実際の車両を見るのはこれが初でした。



20190421213326055.jpeg

201904212133179f8.jpeg

20190421213323b9c.jpeg

20190421213320c9f.jpeg

ついでに言うとNTSの車両もありました。おう去年の浜松以来だな!

現在ライダーの一人が怪我で離脱しているそうですが、3戦連続のポイント圏内でのフィニッシュもしているとのこと。
期待は膨らむばかりです。



さて次。


20190421214933090.jpeg
ヤマハのYZF-R25ですね。新型になって見た目がガラリと変わり、新たに倒立フォークを装備しました……が、フレームはそのまま。

素人にはフロントフォークだけ倒立に変更って剛性大丈夫なのか?とばかり思ってしまいますが、インプレッションではかなり高評価のようです。


ナンデかなーと思ったらインナー径がΦ37でした。見ための力強さよりも剛性の最適化を図った、ということなんでしょう。

ラジアルマウントのブレーキキャリパーを採用しなかった辺りもきっと同じで、それにアレ、対向ピストンなので結構重たいと思うんですよね(実際の重量は知りませんが)。


201904212149217fa.jpeg
あとこのカウル凄いですね。まるで触覚、これはカワサキ以上に虫っぽい。

レイヤードカウルというデザイン思想がヤマハにはあるそうですが、これは果たしてカウルなのか。

空力パーツと言われた方がしっくり来るくらいです。


201904212149357dd.jpeg
これはどこかのブースで見かけたVストローム1000のカスタム車両。


20190421214921e8e.jpeg
Vストもやっぱりスポークホイール似合いますねえ。国内ADVでスポークが似合うのはアフリカツインかコレかだと個人的に思ってます。

あと個人的にはVストのナックルガードには思い入れがね。いや、懐かしいですなあ。



201904212149373ea.jpeg
次はなんとアグスタを撮ってました。

これ確かアレですよね。スーパーバイクは何年か先にすっごいの出す予定で動いてるからすぐには出ない、って言った後に出したブルターレですよね。

出力は完全にスーパーバイクで、ストファイなのにスポイラーが付いているよくわからない奴です。


20190421214930c91.jpeg
なんにしたってテールがカッコいいですね。一つ一つの部品だけ見たらなんじゃこりゃなんですが、全体を見ると不思議とカッコよく見えるんですよ。


2019042121492940f.jpeg
こんなホイールも見たこと無いですよ。カーボンホイールにキャンディー塗装って一体おいくらになってしまうのかと……。



201904212149325e9.jpeg
奥にいたSUPERVEROCE(訳:すごいかるい)とやらも物凄いホイール入ってました。


20190421214923e5c.jpeg
遠目ではやけに本数の少ないスポークホイールですが……


20190421214926d03.jpeg
近寄ってみると変な形。カブのブレーキアジャスト周りみたいな構造をしています。

なんかめちゃめちゃ剛性低そう



※写真にメーカー名らしきものが映ってたのでググってみたら、なかなか面白い構造をしていました。

なんとホイールにタイヤが取り付けられた状態からでもスポークやニップル(写真中アルミのパーツ)が交換できるようです。
しかもすべてカラーオーダー可、強度も精度もバッチリだそうです。

お高いですが個性は出るでしょうね。

kineo スポークホイール




あ、車両はこれでおしまいです。

年々車両の紹介が少なくなってますね……いやいや、興味が無い訳ではないのです。



ま、それはそうと次は部品に行きましょう。


20190421213327457.jpeg
いつもお世話になっております、ASHオイルさん。

ブースがあるなんて驚きでした。展示内容はさておいて。


そういえばつい最近知ったんですが、ASHオイルって日本製だったんですね。海外製だとばかり思ってました。



お次はホンダ系の純正マフラーのサプライヤー、GOSHIです。

カッチョいいクリアファイルと、クロスカブの豆知識を手に入れました。



201904212133330c7.jpeg

201904212133324ee.jpeg
お前ステンレスだったのか!

なんで耐熱塗装してるんでしょうねー。見た目で言えばSUSむき出しでも全然いいとは思うんですが。

遮音や遮熱に関係あったりするんですかね?



さあ次は今回のTMCS大本命のMITSUBAブース。


201904212133291d4.jpeg
ようやく日本の電子機器メーカーが本腰入れて作ったドラレコが出ました。


言っちゃ悪いですが、キジマやKファクトリーのは正直機能や耐久性について詰めが甘いイメージがあって選び辛かったのです(特にキジマは電装弱いイメージ)。

また、ユピテルやデイトナ等が採用するウェアラブルカメラ形式っていうのもどうなのよと思って論外でした。

ユピテルなんかは普段は二輪をやらないからまだしも、デイトナはもうちょっとニーズを把握して貰いたかったところです。


いやまあ……単に私がマイノリティなのかもわかりませんが。


さておき、性能は現時点での最高水準を行っていると言ってよいでしょう。


20190421213331093.jpeg

・本体分離型
・フロント・リアカメラ
・西日本LED信号機対応(確認しました)
・録画スイッチ有(防水)
・無線LAN&スマホで映像確認可能
・GPS有(防水)

ブースのスタッフの方も「最後発なので」と言っていたあたり、かなり気合を入れて作っていたようです。

それでいて販売価格は3万円前後を目指しているとのこと。費用対効果で考えればなかなか良いんじゃないでしょうか。

ただ、クロスカブで苦労した配線のコネクターだけはどうしようも無いみたいですね……機能を求めると必然的に太くなってしまうそうです。

AKEEYOの物には悪いことを言ってしまいました。

今後の技術の進歩を期待して待ちたいと思います。




そんなこんなで本命を見終わり充実していたワタクシ。

実際あとは消化試合に近いし適当にブラつくか、ということで、前述のアグスタだのタイチだの回っておりました。



回っていたんですが、あるブースで足が止まります。



20190421213316e40.jpeg
クロスカブです。

クロスカブ自体は今年やけに多いなと思っていたので特に気にならなかったのですが、このクロスカブのある一点に目が釘付けになりました。



20190421213312a1d.jpeg
このステップ……DRCのクロモリステップでは?


私は常日頃から「カブのステップは滑る」と、それこそリトルカブの時からブー垂れておりましたが、もちろん私以外にもそのように考える人がいることを知っています。


そしてそういう方々は、大抵他車種のステップや、それこそDRCのギザギザステップを取り付けることを考えるのですが……カブのステップの取り付け幅は特殊で、無加工では取り付けられないのです。

それを知っていたからこそ私は、こう違和感を感じずにはいられませんでした。


「ショーモデルにそんな無理矢理な取り付け方をさせるだろうか?」


思わず僅かな期待を胸にスタッフさんに声をかけます。



「すみません、あのカブのステップってDRCのやつですよね?付かないと思っていたんですが……」

「おっしゃる通りDRCのステップで、今度専用品として売り出すんですよ」



マジか!


コレを聞いた瞬間の喜びと言ったらないですよ。

長年苦しんできたカブのツルツルステップからついに解放される時がやってきたんですよ。

しかも信頼のDRC製、ついでに言えばスプリング付き!TMCSのトピックがドラレコから一気にカブにすげ変わります。


それにこの車両、ステップに注目しすぎて気が付いていませんでしたが、よく見りゃかなり個性的なクロスカブに仕上がっていました。


201904212133141d1.jpeg

2019042121345312a.jpeg

20190421213452a4a.jpeg

・タイヤがガチのオフタイヤ
・車高UP
・各種ガード類

極めつけの物凄くカッコいいマフラー。何ですかこれ、どこの?


2019042121345312a.jpeg

デルタですよコレ!(興奮しててピント外れてました)

完全にオフ車のイメージのあるデルタがクロスカブのマフラーを作るとはビックリ。聞けばこれも発売予定だとか。


いやあいいなあ欲しいなあ、でもデルタだから五月蝿そうだなあ……というか、小排気量でマフラー替えるとバイクが遠ざからない感じが実にダサいんですよねえ。


これは発売されてからのレビュー待ちですね……でもほんとカッコいいわ。



しかしクロスカブにこれほどパーツが出るとは思わなかったですね。

旧型との販売台数の差は存じていませんが、売れないものにパーツは出ないでしょうからやっぱり売れてるんでしょう。


ということはですよ、今はクロスカブのパーツは「出したら売れる」と言っても過言では……あるかもしれませんが、ニーズ掘り起しはかなり重要なハズで、そこから新製品への展開は無きにしも非ず!





ということでギザギザステップに次いで、ギザギザシフトペダル・ブレーキペダルの要望を伝えておきました。

検討されて新製品の開発に繋がったら嬉しいですねー。

コメント

非公開コメント