2019/03/30

平成最後のレビュー大放出祭り第二弾 ~オーバーパンツ~

やばい平成終わっちゃう!





どうも私です。


前回、突然「祭り」だのと銘打ってタイヤのレビューなんぞ行いました。

なんでいきなりこんなことを?って疑問に思われるかもしれませんが、ワタクシ、以前から「ネタはあるんだ」みたいなことをほざいていたでしょう。


そのネタの放出をすっかり忘れていてですね。


レビューをしようと思っていた製品がだいぶボロっちくなってしまいまして、「そろそろ買い替えるか」みたいなところまで来てしまっていたのです。

ということでここらで全部吐き出し切ろうと、そういう顛末だったのでございます。



なので「どうでもいい話コーナー」はほどほどで、とっとと本題いってみよう!




では今回のレビューです。テーマは「オーバーパンツ」。


はて、オーバーパンツとは?


なーんて人はそうはいないと思いますが、一応どんなものか説明しますと、

・基本的に重ね履き
・大体の人は防寒目的
・プロテクターとして使う人も多い

といった感じだと思います。


オーバーパンツの魅力と言ったらやっぱり、普段履きのズボンの上からすっぽり履けてしまう気軽さと、それに反して「バイクに乗る」という行為に非常に相性が良いところでしょう。

大体の人は防寒のために履くことが多いですが、バイク用であればプロテクターが入っていることが殆どですから、安全装備として履く人も多く見受けられます。



Wpcargo.jpg

RSタイチ WPカーゴパンツ

私が初めて購入したオーバーパンツです。


これ、履いた時のシルエットが非常に良いんです。


201903302313062f8.jpeg
履いた本人からすると結構ダボツイてるように見えるんですが、鏡に映った自分を見てみると不思議と細い。

オーバーパンツにありがちな足がスゲー短く見えるといったことが起きにくいです。


そしてこのナリで結構暖かい……というかちょっと暑いくらい。

防風もファスナー部のフラップや裾の絞り方等が優秀で疲れにくく、防水性能は一時間の雨くらいならへっちゃらでした。乾かすのは時間かかりましたけど。


防御面ですが、膝にはかなり分厚いCEプロテクターが入っており、表地は帆布もかくやというほどにギッチリ編み込まれたナイロン製です。

裾には難燃素材が配されていまして、XRの時は良くエキパイが当たってました。

ちょっぴり溶けは確認されましたがまだまだ全然大丈夫そうです。


そんな感じで防御力はバッチリ。コケたときは擦れた跡しかつかなかったんですよ!




20190330230117d1b.jpeg
ぬこ事件でついに破れちゃいましたが。


しかも破れたのをそのまま履いてたら若干の隙間風が……朝方や夜中はちょっと冷えるようになってしまった。


つーことで今年新調しました。


rsy547bk_1.jpg
RSタイチ マトリックスオーバーパンツ

まーたタイチですが、同じカーゴパンツじゃ芸が無いかと思って違うのにしてみました。


20190330230441b54.jpeg
基本的な構造や材質なんかは一緒なんですが、腿のポケットが無いです。それにちょっと安い。

履いてみた感想もまあ大体一緒、でもこっちのほうが若干裾が短い?



2019033023044284a.jpeg
やっぱ短いですね。

まあバイク乗る分には充分な長さがありますし、カーゴパンツは正直長すぎだったのでちょうどいいくらいなんですが。

ついでに言うとマトリックスは少しだけタイトになったような気がします。新品だからかもしれませんが。


腰の絞り方も少し変わってました。


2019033023012544a.jpeg

201903302301191ef.jpeg

カーゴパンツは一般的なベルト方式ですが、マトリックスはマジックテープ式です。

面が広くなったので腰への当たりが柔らかくなりましたね。

カーゴパンツは下にベルト付きのズボン履いてると痛かったんですよねえ。それがだいぶ解消。


20190330230120e47.jpeg
ただこれ、買う前に気付けよと思ったんですが腿ポケットないのが意外と不便。

私、いつもココに財布入れてたんです。しょうがないので通勤にはいまだ破れたカーゴパンツ使ってます。

あ、でも腰ポケットはマトリックスのほうが深くて使いやすいですよ。



201903302301235f0.jpeg
あとこれらのオーバーパンツですが、やっぱりファスナー部のフラップは結構不便です。

トイレで腿当たりまで下したとき、一瞬ギョッとされたことあります。


そりゃあね……いい年した男がいまだに下半身丸出しにしないと用を足せない!なーんてのを目撃したら誰だってそう思いますね。

だからこそコレは言っておかねばならない。



誤解ですよ。




とはいえ、このフラップがあるからこその防風性能ですからね。

走ってる最中に寒いほうがよっぽど嫌ですから、多少の不便さは気にしません。



それとこれも言っておかねばならんのですが、細いゆえに0℃以下だとお尻の横あたりからジワジワと冷えてきますね。


大体巡行してるときに感じてたので、60㎞/hだとして体感―10℃くらい?

よっぽど寒い時期に走らない限りそのシチュエーションになりませんけど、なったらなったで休憩回数を増やすとかしたほうが良いです。




と、ここまで冬用のオーバーパンツを紹介してきましたが、ねえ。

この短期間でオーバーパンツ二本持っちゃうような人間ですから。


ほら、わかるでしょう。



もちろん春夏用をね。持ってるんですよ。



RSY247_01.jpg
RSタイチ クイックドライ カーゴパンツ

オーバーパンツじゃないですけど。


またタイチかよってのはとりあえずスルーしておくとして、これは正真正銘オーバーパンツではないんです。

直に履いてくれーってタイチが言ってます。



まあ使い方は自由ですよね。



そりゃホントの暑い時期には冷感タイツの上からこれ履いてバイク乗ってましたけど、正直冷えすぎるんですよ。

思ったよりも全然風通すので、走行風レベルだと夏場なのに寒いよう、みたいな時があったんです。


なのでオーバーパンツとして使ってました。ストレッチ素材なので履きやすいですし。


これもきちんとプロテクター入ってますし、やはり防具としても優秀です。

難燃素材とかは使ってませんが、冬用よりもタイトなので特に問題は無かったです。





20190330230116f23.jpeg

さて。私がオーバーパンツ愛に染まる原因になった冬カーゴはそろそろシーズンを終えてクローゼットの奥へ仕舞い込まれる時期ですが、なんだかんだいってまだまだ使いそう。

合皮みたいに加水分解しないですし、緑色なんて買ったから日焼けもあんまりしてない(目立たない?)です。

破けたときは悲しかったもんですが、ホントに履けなくなるまで使い倒すのも面白そう。



対して、去年の夏に買ったばかりの夏カーゴ。

今年も存分に活用する予定ですが、冬用みたいに素材自体の強さは無いですからねー。


果たしてどこまでもってくれるのか……まあ、コケて破くのだけは勘弁ですね。

コメント

非公開コメント