2019/03/10

平成最後のレビュー大放出祭り第一弾 ~スタッドレスタイヤ~

友人にブログがバレました。





どうも、身バレした私です。

XRのことを調べてたらヒットしたそうです。でもXRってそんな大した記事書いてないんですが……。


でもバレたって瞬間にちょっと楽しくなったのはあれですか、承認欲求が満たされるって言うのはこういう感覚ですか!
SNSで有名人になりたがる人が増えるのもわからんでもないですね。病みつきになりそう。




どうでもいい話から入りましたがお久しぶりです。

もう暦の上ではすっかり春、気象庁の定めるところも春。


バイク乗りが冬眠から目覚め始める季節がやってきましたね。
晴れた日に外に出れば、ツーリング集団とのエンカウント率が高まってきました。




全く甘っちょろい奴が多いもんです。


バイク乗りなら春夏秋冬、雨が降ろうが風が吹こうが両方来ようがカッパ着て走るもんだろうが!(個人の見解)




……ただ、そんな私でも走り切れなかった日があります。



雪。



これだけはさしもの私でも歯が立ちませんでした。




なんてったって、


・エンブレ使うとリアが流れ出す(XR)
・スロットルを開けたら前に進んでいるのに横を向いている(ジョルノ)
・シールド開けても目の前が曇る(ぜんぶ)
・バイクこわれる(ビラーゴ)


もうメッタメタなんです。


雪の日は確実にバイクで痛い目見てきました。
だからこそ、「いい加減に雪の日にバイクはやめよう」と決心していたんですが……



……今年は状況が変わりました。



私、今シーズン最大の事件によってXRからカブに乗り替えました。

乗り換えてすぐは悲しみの極致でしたが、あることに気が付くのです。


カブなら雪降ってもスタッドレスで乗れるじゃん!ということに。


そこからは以前記事にもしました通り、すぐにIRCのSN12を買って前後に履かせ。

12月に入ってどんどん寒くなっていく中で、来るべき時を今か今かと待ちました……が。






79c404321ac596c71c4cd10851b15b83_400.jpg

全然降らなかったんだよなあ。



こうも降らないとスタッドレスの評価が付けられません。


このままじゃ

「スタッドレスぅ?寝かせられねーし乗り心地わりーしグリップもねーよ。速攻で戻したわ」

って評価になりかねない!





わかったこうしよう!


雪が降らねえなら俺が行ってやるよォ!





201903101607217e3.jpeg
那須岳近辺です。かなり山の中走りまわって、ようやっと人のいなそうな場所を見つけました。

本当に誰も踏み入っていないようで、降ってからそれなりに日が経った雪の割には粉っぽい雪でしたね。


いかなスタッドレスといえど氷には無力、という話も聞いていたので、ある意味好都合でしょう。



ていうか何でもいいから早く突っ込もうぜ!(雪が積もってる光景にテンションMAX)




2019020914493388d.jpeg
あダメだこれ。


雪が深すぎる。


グリップするしないの以前に、腹がつかえて前に進めない。



いや待った、これはきっとアレですよ。

ダカールラリーとかで聞く「スピードは速すぎても遅すぎてもいけない。あるスピードでだけ砂に沈まずに走れる」っていうアレときっと一緒。


一回走りだしちゃえばもう大丈夫。つかえてる雪さえどかしちゃえば大丈夫!いける!





DSC00661-min.jpg
やっぱ駄目だこれ!

もう雪が重すぎてハンドルも切れんわい。



結局、ロクに進むこともできずに撤退を余儀なくされました。











ところが、中途半端に進んだせいで、すっかり雪に埋もれてしまったカブは抜けません。


「ウぉんウォウォオン!どっこいしょ」


私はスロットルを煽りながらひっぱりますが、それでもカブは抜けません。

「焦り」という文字の貼りついた後ろ姿が、スキー帰りっぽい心優しいフィット乗りを呼んできました。



「大丈夫ですか!手伝いましょうか!」




「すいませんこれワザとなんです!!」(原文ママ











焦りからかとんでもなくおバカなことを叫んでしまいました。




でもその時の湧いてきた多分羞恥パワー的なナニかであっという間に掘り出せちまいましたよ。

なにはともあれ、あの時の方。心配してくださってありがとうございました。



その後もいい汗かいたしなんか食べよう(汗が冷えて死ぬほど寒いからおうどん食べたい)と思ったら臨時休業だったとか、なんか背中に違和感があるとかでなかなかの敗走っぷりでしたね。




やはり雪はいつだって強敵なのでした。





という、長い長い前置きでしたが、ようやくのレビューになります。



今回の論調だとスタッドレス全然ダメじゃないかみたいな雰囲気ですが、意外とそうでもありません。

だって一回目にスタックしたとき、腹につかえた雪をどかしたら二回目のスタック地点まで走ったんですからね。


これがノーマルタイヤならその場で空転してるだけです。


雪をかき分けながらも進んだと考えれば頼もしい奴と言えるんじゃないでしょうか。



ただし圧雪路。
結果としては「まあノーマルよりは……」という感じの評価。

一応走る止まるは出来る模様です。
ぶっちゃけ道がガタガタなのが一番運転しづらいので、慣れによっては評価が上がりそうな感じです。


凍結路・・・・・・はちゃんと走ったとは言い辛いんですが。
一応日陰で凍っていた道は通ってみました。

これも「ノーマルよりは」の部類なんですが、あんまり通ることはお勧めしないです。

やっぱり結構滑りやすいですし、なにより滑ったときに足付いてリカバーもできません。
下手したら滑って股が裂ける可能性があるので私は通らないようにしたいですね。



次は問題の普段乗っていての感想なんですが、ノーマルタイヤに戻して改めて理解しました。




スタッドレスは楽しくない!




これに尽きます。


バイクは傾けて乗る乗り物です。
でもスタッドレスに傾けることを真っ向から拒否されてしまうのです。


他のスタッドレスに比べればSN12はまだ寝かせやすい(抵抗してこない)方なんですが、それでも断面はまるで四角ですし、幅も細い。
バイクを傾けていくと、あるとき急にグリップが無くなって恐ろしい思いをします。

トレッドが分厚いせいかゴロゴロ感も強めですし、タイヤがぐにゃぐにゃと捩れているような不安定さも感じます。



……と、好き勝手に文句ばかり言ってますが、これは実際正しいことだと思われます。

ていうか間違ってるのは私の使い方ですね。



スタッドレス履いてワインディング走ろうなんておバカは想定されていないワケですスイマセン!



ちょっと脱線しましたけど、総括すると

「雪には強いが氷に寄るほど厳しくなる。バイクらしい乗り方は出来無いと思ったほうが良く、怖いし辛いよって楽しくない

という感じでした。


重ねて申し上げますが、SN12はまだマシな方らしいですから。
スタッドレスを装着する際は充分ご覚悟の上よろしくお願いいたします。あと練習も。


正直、私は来シーズンは履かないかもしれません。カブがセカンドバイクになってれば一応履かせるかもしれませんが。



最後に一応タイヤの減りの方だけ。


スタッドレスにしてから走った距離が大体1500km程、使用環境としては40~60kmでの舗装路の走行と、たまにやわkm巡行ってのが大半を占めている感じです。

で、より摩耗の激しいリアタイヤだけ調べてみました。


2019031015402931e.jpeg
トレッドの形を見てみるとだいぶ偏摩耗してる感じですね。

写真じゃ見えないですが、減っているほうが回転方向後ろ側です。


20190310154025549.jpeg
新品の溝深さを測り忘れたので、ヒゲの残っているトレッド外側のあたりを測ってみましたが、残りがだいたい9mm弱。


20190310154026754.jpeg
で、こちらはトレッド中央。6mmくらい。


20190310154028108.jpeg
最後にトレッド中央部からスリップサインまで。3mmくらい。


ということで、1500km走行するとだいたい3mmくらいは減るとみて良さそう。


で、スリップサインまで残り3mmなのであと走れるのは1500km、なのでタイヤライフとしては正味3000km……って、だいぶ減り速いですね。

他の方のレビューだと5~6000kmもつって人もいるみたいなんですが。



まあ偏摩耗側で測ってますし、あくまでリアタイヤだけですし。

箱もついてるし負担は少なくは無いでしょう。たぶん。

フロントの減りは全然大したことなかったので、前後同サイズですしローテーションもやりやすいんじゃないでしょうか。

コメント

非公開コメント