2016/01/26

延命治療 第一回

ネタ切れのことを全く考えずに更新してます、私です。こないだ言った通り、今日はカブの話です。
現在のカブですが、以前と比べ、とっても豪華です。その豪華さの最たるモノがグリップヒーター。真冬でもお手手だけは暖かいという、なんともブルジョワジーな装備です。しかし、その恩恵に預かったことは一度もありません。壊れてるんです。
私のカブに装備されたグリップヒーターは、スポーツなんとかじゃない方のホンダ純正品です。バッテリーが弱ってると停止するやつですね。なので、まずはバッテリーを疑います。
201601261926136c4.jpeg
サイドカバーを開けた瞬間、絶句しました。キャブの頃はなんも入ってなかったのに('A`)
めげずに配線をどかしてバッテリーケースを開けられるようにします。
20160126192613c79.jpeg
取れました。さすが純正、お高いバッテリーですな。ホンダのロゴまで入ってます。
それはさておき、まずは充電してみます。充電器にメーターがついてるので、生きてるか死んでるかは一目瞭然です。で、生きてました。それどころか、充電の必要がないくらい絶好調でした。ということは、グリップヒーター本体が死んでますね。
20160126192612562.jpeg
外す過程の写真を撮り忘れました。外し方としては、55-6をグリップとハンドルの隙間にぶち込み、自転車用の空気入れにボールを膨らませられるノズル(針?)をつけて、同じように空気を隙間にぶち込みました。あとは筋力でゴリ引きです。
というワケで原因はコイツでした。右のヒーターがガッツリ断線してます。取り付け角度は良くなかったですね。配線の付け根に相当な負担がかかっていたと思われます。それでは原因もわかったことですし、手術です。次回に続きます。

コメント

非公開コメント