手の防寒:グリップヒーターの装備

もう年末ですね。
折角の冬休み、少しくらい遊びたいと思い、「もし行くなら」と、軽くツーリングの予定を組んでみました。

みましたがスゲエつまらなそうな感じになったのでやめました。
うーん、経験値が足りない。




どうも、何か月かぶりに部屋の掃除をしました、私です。
凄く部屋が広がりましたよお。床が見えるぜ。

まあ片づけた物は大体がバイクの部品と段ボールだったんですけど。
やっぱ通販って危険だ。


しかし私はどうにも懲りません。掃除して早々に段ボールを増やしていまいました。


買ったのはタイトルでも書きました通り、グリップヒーターでございます。

ああ、ついに負けてしまった。買う予定じゃなかったのに。

以前乗っていたカブにはついてました。半周タイプではありましたが非常に暖かくて快適でした。
それは認めます。


でもほら、グリップヒーターってあれじゃないですか。

グリップが太かったり、ぶつけると壊れたり、断線しやすかったり(カブは断線した物を無理やり繋ぎ直した)。
だから遊ぶバイクには意地でもつけまい、いいウィンターグローブ買ったる……と思ってたんです。


でもね、もうつべこべ言ってる場合ではないのでした。
ほーんと寒くて。でもいいウィンターグローブってのは非常に高価で。

ですから今回はもう知らん。グリップヒーターを導入します。グローブは就職したら買おう。


しかし意地を捨てきれなかったのもまた事実。
「なんとか細身のグリップヒーターを……」と考えた結果、

21996756_11.jpg

KIJIMA キジマ:グリップヒーター GH07 スイッチ内蔵
を、購入いたしました。クソッ高いぞ!

いやまあ、ホンダ謹製のスポーツグリップヒーターよりは安いですけど……。

しかしこれ、出た当時なかなか話題になっていたんですよね。
「キジマの値段で細いのが出るぞ」と。定価こそホンダ製に肉薄してますが、実売価格はなかなかのもんですよね。私が購入したときは11000円くらいでしたし。


御託はこの辺りにしてとっとと装着しましょう。手の冷たさとは早々にオサラバさせて頂きます。


2017122322345239b.jpeg

20171223223453ed1.jpeg
まずは全長の確認をしておきます。

今回115㎜のものを購入したんですが……長いですね。確実にハンドルからははみ出してしまいます。
加えてXRにはハンドガードが装着されてますので、はみ出しすぎるとスロットルが動かなくなるかもしれません。

カラーやワッシャー等でも対応できるといえばできますが、この様子だとちょっとそれだけでは厳しいかも。
右手側の部品はみんな内側に移設しましょうか。ネジを緩めて移動させるだけですが……。

2017122322345591d.jpeg
スイッチボックスのみは、回り止めの出っ張りを削るだのして、均しておかないとなりません。
あんまりノーマルから加工はしたくないんですが……まあ、ほぼ必要にはなりませんからね、コレ。

20171223223456ffb.jpeg
ちゃっちい安物電動リューターで削り取りました(暗くて申し訳ない)。
プラモデルの加工用に購入したんですが、おかしいなあ、一度もプラモデルに使ったことが無いなあ。


で、移設が終わったらグリップをねじ込みます。
軽く差し込んで察しましたが、相当しめしろ(でいいのか?)がキツく、生半可なやり方では入らないとわかりました。

なのでハンドルにもグリップ内面にもこれでもかとラスペネを噴いてゴリ押ししました。
左はねじりながらで入りましたが、右はねじれないので、入るところまで入れたら掌底を連打。翌日アザまみれでした。

激闘のすえ画像は撮り忘れました。
あと「グリップヒーターの電源を入れて暖めてから入れるとよい」って書いてあって泣けました。


あと、やっぱりワッシャーは必要になりました。
結構な枚数(5枚)になりましたので、やっぱり移設はマストでしょうね。

20171229181730789.jpeg
まあそれさえ終わってしまえばあとは消化試合みたいなものですが。リレーは追加済みなので、電装の追加は非常に楽です。
写真で触っている赤線をもう一つ分岐してグリップヒーターの+線に繋げてしまえばおしまい。-線は適当にアースで。



そんなこんなで取り付け完了いたしました。
動作は完璧。そしてあったかいです……。

よく言いますよね、5段階あるうちの3段目くらいですでにあったかいとかなんとか。
5段目は熱くて握ってられんとか。

ホントでした。

といっても、グリップの握り直しがそれほどない時、気が付いたら熱い、ってのが真実なようです。
で、熱いので温度を下げていってみて、「これぐらいなら我慢できるな」って感じるのが3段目くらいでした。
朝、乗り出してすぐとかは5段目でもいい感じです。

あと電力消費に関してなんですが、この製品は最大でも40Wいかないくらい。
少なくとも2007年以降のXR250ではアイドリング時に5段目でも問題はありませんでした。

ダメならウインカーのLED化だけでも賄えそうですね。ホンダお得意のウインカーポジションがありますから。


また、細身のグリップってことに関してですが。

まあ、ほぼ違和感はないかな?って感じですね。
どうあがいても純正グリップほど細くはなりませんが、カブに着いていたものよりは確実に細い。違和感はすぐになくなり、今純正グリップを握り直してもそれほどギャップはありませんでした。この価格帯であれば非常に優秀だと思います。

304-8197_s.jpg
あ、あと触れてませんでしたが、このグリップヒーターの特徴としまして、「スイッチの類をハンドル周りに追加しなくてもいい」というものがあるんですよね。
グリップの根っこに一体化されてるんです。

これがなかなかイイんです。
XRみたいにハンドル周りに余裕のないバイクにはもってこいですし、そうじゃなくってもハンドル周りがスッキリしますから。
いちいちハンドルから手も離さなくて良いですし。

ただ、ウインカーやハイ/ロー切り替えの押し間違いにはちょっと注意ですかね。
慣れに起因するところはありますけど。



そんな感じで取り付けレビューでした。

総評として、着けない理由はほぼないですね。

こんなに快適になって、ほぼ違和感は無く、ビックリするほど高くもない。グローブでこの効果を発揮するレベルのものはなかなかに高価なハズでしょう。
これであとは耐久性があれば完璧ですが、どこまでイケるか期待させていただきましょう。



……あ、言い忘れてました。
これ動作チェックするまで知らなかったんですけどね。

このグリップヒーター、スイッチを押すたびに強さが変わって、それを色で表してくれるんですけどね。
それの光り方が凄くいい感じなんですよ。



[広告] VPS


アーイイ……遥かに良い。

この……色の切り替わる瞬間がですよ。「パッパッ」と切り替わるんじゃなくて「スゥッ」と切り替わるのが。

無駄に金かかってる感がたまりません。

XRのコックピットは控えめに言って最悪ですから、こうやって景気よくピカピカしてくれるとホントに気分がよくなるんですよねえ。
ほんと、思わぬ副産物です。

いい買い物をしたと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moundain

Author:moundain
(読みはマウンデン。スペルミスじゃないですよ?)

色々と半端な人。バイク弄りで助けてくれた人には足を向けて寝られ無いので、そろそろ横に寝られなくなりそうです。

全て自己責任でやってますので、参考にする場合はそれもまた、自己責任でお願い致します。

(リンクはご自由にどうぞ。して頂いた方のブログには私からもお願いするかもしれません。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング

FC2 Blog Ranking

フリーエリア
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ バイクいじりへ
にほんブログ村

FC2Ad