2017/09/24

げに恐ろしきは倒立フォウクなるものなり その2

先日強い雨が関東でも降りました。
私はカッパを忘れました。




どうも、強引に帰宅した私です。

ジャケットは先日紹介いたしました夏用、下はただのチノパンでしたからまー寒い。
10分も走ったらもう失禁しても問題ないくらいのずぶ濡れとなりました。

そんななかアドーネシューズはずっと頑張ってくれました、足だけはずっとドライなままなんですから……。

まあ足伝ってきて結局濡れましたけど。
最後は信号待ちで足を上に向けて溜まった水を排出してました。



では続きです。

翌日、明るくなってから作業を再開しました。

前回すべてのエンジンマウントを外してますので、あとは下すだけ。

あ、そういえば前回「エライ目にあった」と書きましたけど大したことないです。
なかなかピボットシャフトが抜けなかっただけです。

20170903_025639172_iOS.jpg
二人がかりで下しました。

一人でいけるかな、とちょっとだけ頑張ってみたんですがアレはダメです。
無理してはいけません。

20170903_013607295_iOS.jpg
一発で疲れたので休憩がてら購入した中古フレームのステムレースを打ち換えます。
デカいドライバーは持ってますが傷がつくのが嫌だったので、家にあった鉄パイプで打ち抜くことにしました。

20170903_014701236_iOS.jpg
取れました。まずまずの状態です。
でも新品あるので交換。

20170903_022045031_iOS.jpg
その前にレース取り付け部を見ておきます。
なかなかきれいに取れたんじゃないでしょうか?

ふと思ったんですが、最近初めての作業でも意外と何とかなっちゃってます。

そのうちエンジンとかバラしちゃうかオイ!

20170903_023125987_iOS.jpg
新しいレースを打ち込みました。

古いレースを当て金に……ってのはもう常識ですね。
もちろんレースは前日から冷凍庫でキンキンに冷却OK!

完全に手が張り付いて大変痛い思いをしました!


でもそこまで冷えてると大して叩かなくても打ち込めるみたいです。


20170903_031719056_iOS.jpg
さて、フレームにエンジンを積む準備は出来ましたが、その前にもう一つちょっとしたこと。
以前全く取れなかったインシュレータのボルトですが、この機に緩めときます。

流石のインパクト(電動)でございます。抜けるときの音と煙は肝が冷えましたが……。

で、焼き付き防止にボルトにアルミグリスを塗って締めなおしました。
でもアルミの鋳物にアルミのグリスってどうなんですかね。


さて、今度こそ準備ができましたので組み上げていきます。
今回もダイジェストです。

20170903_051949490_iOS.jpg
まずフレームを準備、スタンドがあったのをすっかり忘れていました。

20170903_053633695_iOS.jpg
エンジンを搭載しました。
上下のマウントを止めれば多分他は楽に入るはずです。多分です。

20170903_061622363_iOS.jpg
スイングアームと前のマウントを締めました。

20170903_072916961_iOS.jpg
キャブとかハーネスを引き直しまして、

20170903_111117527_iOS.jpg
はいもう時間切れ―!

各部のグリスアップだとか清掃だとかやってたら真っ暗に……。
うーん、手際が良くありません。


しかし今日はまだ明るいところでできる仕事があります。

壊れてしまったステムですが、こちらもフレームと同様に中古品を確保しました。
ですがキーシリンダがついていませんし、そもそもついていたとしてカギが変わってしまうので大変不便。

ですから交換します。

20170905_094808361_iOS.jpg
はい取れました。
取り方はヒミツ。

20170905_115500803_iOS.jpg
で、入れ替えました。

この先取る予定はありませんのでガッチリ固定いたしました。

壊さなきゃ取れませんぜへへへ。


しかしまあ、大変な曲がりようですね……外すまではフレームネックの中でこんな曲がり方をしてるとは思いませんでした。
そりゃトップブリッジも割れますねえ。

20170910_010933714_iOS.jpg
一週間後に続きを再開しました。
とりあえず組みあがったステムを取り付けます。

ボトム側のベアリングはそのままです。

だって外すのめんd……状態は悪くなかったので。


同時に追加電装の配線も引き直します。
混乱してます。

20170910_014028170_iOS.jpg
トップブリッジとフロントフォークも取り付けます。

フロントフォークは継続投入です。
一応簡易的には曲がりチェックしましたが……これ大丈夫なんでしょうか。

20170910_013526890_iOS.jpg
アクスルシャフトです。新品投入です。
ホントは中古買う予定だったんです。

でも買い間違えちゃったんだ。正立用。



XR250(MD30)多すぎてややこしいんだよォ!



というわけでこれ以上ミスを犯さないためにも新品投入です。

20170910_042655022_iOS.jpg
ようやくここまで来ました。
やっと自立。

シカだとかキリンの赤ん坊でも飼育してる気分です。

20170910_105626353_iOS.jpg
ナンバーも変わりまして、やっと走れるようになりました。

さて気になる走行チェックは?




なんと何一つ問題なし。



いや排気漏れ(締め忘れ)とかオイル漏れ(締め忘れ)とかちょっとしたのはありましたけど、ビックリするほど何も起きませんでした。
手を放そうが車体を振ろうがフルブレーキをしようが、ホントに問題なし。

ってーことはですよ。




ホントにフロントフォーク何にも起きてないってことですか?




だってアクスル曲がってるんですよ。
ステム曲がったんですよ。
トップブリッジ割れたんですよ。
それらが壊れてくれたのに、結局フレームまで曲げてやっと止まったんですよ。



あのホンダさん、これ剛性過多すぎませんか……(´・ω・`)



太すぎる倒立はとても怖いんだ、ということをこれでもかと思い知らされてしまった夏休みでした。

怪談話化待ったなし。



さて、二回で終わらせたくてクソ長になってしまいましたが、なんだか書いててテンション下がってきてしまいました。
流石に楽しくはなかったですね……いろいろ考えて面倒くさくなるほうが勝ります。

私のルールじゃ壊した時はカスタム時なんですが、先立つものが多すぎて元の状態に戻すのがやっとでした。

ホントはいろいろやってみたかったんですけどね。
XR250の倒立ステムをCRF250L/Mに流用するってのが流行ってたらしいんで、CRF-Mの黒フォークをXRに流用の逆パターンとか、ZETAの社外ステムも入っちゃうんじゃね、とか。

夢は尽きませんがお金は尽きました。
ちょっとしばらくは財布のヒモは固く締め、おとなしく過ごしたいと思います。


あとは安全運転祈願だな。

コメント

非公開コメント

インパクトは救世主

すごいですね。
たぶん、というか確実にEGバラすほうが簡単ですよ。むしろEGは完全OHじゃない限り、けっこう簡単です。
それにしてもげに恐ろしきは倒立フォーク…本来あっちゃいけない壊れ方してますね…

Re: ろりつねさん

褒められてしまった。やったぜ!
ありがとうございます。

確かに以前ゼルビスのエンジンを(途中まで)ばらした時よりも簡単な気はしましたね。

ていうか、あの時はとにかく工具が足りなかったんですよね。
30~40Nmとかで止まってるボルトを3/8のラチェットで緩め、締めようとするおバカがどこにいるってんですかね。

今回はホイール用のトルクレンチもありましたのでホント楽勝問題。
そしてインパクト。スプロケをアッサリ外すんですもの。笑える。

さてフォークはちょっと雲行きが怪しくはなってきましたが、そもそも見た目に曲がってない時点で明らかにアタマおかしいのでありました。笑えない。