2017/04/23

メガネのお話

こないだウィルキンソンのコーラを飲みました。

溢れ出る地雷臭に葛藤を20秒ほどした末、安かったので結局買いました。






どうも、ジュースの新商品に限ってはついつい購入してレビューしてしまう私です。

口に入れた瞬間感じるのはウィルキンソン特有の強炭酸
口の中でジュワジュワと泡立ち、炭酸ガスで口がどんどん膨れる膨れる……。

それからコーラの風味がやってきます。おお、これはなかなか面白い!

しかし無糖ゆえ、あくまで炭酸水としての味しかないので、子供がカナダドライの炭酸水ジンジャーエールと間違って飲んだときみたいな気持ちになれます。


ええ私のことですがなにか。




しかしこのジュース(?)、水代わりに飲むとすればなかなか面白いんじゃないでしょうか。

無糖ですから体にも良さそうですよね。エネルギー表ご覧になさってくださいよ、オール0ですよ?

最近コカ・コーラがトクホのコーラとやらを出しましたけど。
そんなの飲むくらいならこっち飲めって言いたいですね。



皆さんも飲んでみて、といったところで本題。

先日、寝起きで寝ぼけているところ、メガネをぶっ潰してしまったと話しましたね。
ですから、おニューのメガネの購入を検討していたんですよ。

で、最近はバイクに乗る時間も長いですし、ストレートテンプル(ツルが真っすぐ)のメガネでも買ってみようかと思いましてね。

「スポーツメガネ」で検索かけたら眼鏡市場の"I-ATHLETE"とやらが出てきたんで、行ってみました。

meganezamurai_sk-106-1_1.jpg
……あれ?



……どうも、売り場に紛れ込んでいて気が付かなかったのですが……違うメーカーのを購入していたようです。
しかも眼鏡市場のサイトで検索しても出てこないんですよね。

SKINSはオーストラリア生まれのスポーツウェアメーカーだそうです。

公式サイトに行ってみたらスポーツ用の下着がズラリ、でもメガネは無いと。


もしかして名前だけ使ってるんでしょうか。

メーカーで開発してるものではなかったのかしら。


まあでも、そこは別に構いません。それよりももっと深刻な問題が起きてるんです。






痛い……!





こういうメガネって、凄く簡単に極端に言えば、頭を締め付けるようなイメージで装着するんですけどね。

skins_pct_01.jpg
このツル。

一応ラバーでできているんですが、そんなに柔らかいわけではないですし、何より結構角が立ってるんです。
面圧が高くなっちゃって、締め付ける力以上のダメージを与えてきます。

これには大変参りました。

普通につけてても昼前には一度外さないと頭痛がするレベルですし、ヘルメットなんて被ろうものならもう大変。
着けた瞬間からかなりの圧迫感と痛みを感じます。

とても1時間なんてつけてられません。

試着したときはこうなるとは思ってなかったもんですから、かなりの誤算です。
1週間ほど痛みに耐えて過ごしたのち、休みの日に速攻で眼鏡市場に行きました。









と、いうワケで調整してもらってきました。

いやー今までのがウソのように楽です。痛くないって素晴らしい!

私のメガネどうなったか見たくありませんか?見たいですよね?


人のメガネの調整前後なんて、見てわかるかって話でしょうけどね!










201704230051282f5.jpg
でもね!

残念ながら誰が見てもわかるんですよ!

ストレートテンプルとは何だったのか‼︎




まあ見ての通り、ツルは曲げてもらいました。

だって普通に使ってても痛いんですもの。


で、バイクでの使い勝手ですが、端的に言って良くはありません。

ヘルメットを被った状態でのメガネの着用はしづらい部類でしょう。
ラバーが滑り止めを考慮していて、摩擦が結構強めですからね。

しかしもともとは締め付け系メガネだったからか、フィット感はなかなか良い感じ。


ま、2万円もするんですから、普段使いにできるだけよかったというもんです。







というか……そもそもバイクのコトを考えていたことが間違いだった。







人間はバイクを降りてる時の方が長い!




と、つまりはそういうことなのでした。うむ。
2017/04/15

ETC復活作戦 その2

現在いろいろとお勉強中。

本だったり何だったり、イロイロと購入費がかさんでおります。





(今回ちょっと長いです。3部構成のほうがよかったかしら)


どうも、最近購入した中で一番高額だった教材は4000円でした。私です。

まあでも、勉強のためですからね。その後のことを思えばお金に糸目はつけられません。
そのぶん今はバイクにかけるお金も減らしてるんです。ガソリン代と少々の必要物くらいにしか出て行ってないはず。

早くバイクにお金かけられるくらいになりたいですね。お勉強頑張ります。


え、購入した教材ですか?
いえ、そんな。大したものじゃございませんよ。



20170415180207cc9.jpg
こんなもんですよ。



……なんですか?





なんだか周囲からの目が不信感に溢れて居心地悪いので、前回の続きにいきます。

前回は四輪用とキメラ化したETCが、無事に点灯確認ができたところまででしたね。
では今回は実際に搭載してゲート通過まで行っちゃいましょう。


まずはスイッチとなるACC電源を探さねばなりません。

バッ直なんてやったらあっという間に干上がりますからね。
"キーオンで12V出力"するところを探します。

20170408160618559.jpg
電装を置く予定の場所近くから取るのが理想的だと思います。
テスターを用意して通電させると、キーオフではこんなもん。

でもここ、ETCを置くには狭すぎますし、できたとしても容易にカードを抜き差しできません。
こんなとこに何を置くの……という方もいらっしゃるかもしれませんが、ここにはリレーが入ります。

リレーを取り付ける理由としては、そのほうが万が一の場合の電装保護にも役立ちますし、電装を複数取り付けるときにも楽だから。
まあ、自己満足といえば自己満足です。ゼルビスの遺品を使いたいだけだったり。


20170408160620ac1.jpg
キーオンでこれくらい。ほぼ12V、ACCですね。

ここにしましょう。


20170408160617cb3.jpg
というワケで、まずは間にカプラーをかまします。
エーモンの110型2極カプラー、ゼルビスの時も買ったなあ……。

電装弄りをするうえで私が心がけてるのは「純正に戻せること」。
純正ハーネスを途中でぶった切るとかしたくないんです。

ナップスじゃぶった切られてましたけどね。
いや、仕事は効率的で美しい限りだったんですけども。


20170408160616b56.jpg
はい、ちょろっと線を繋ぎました。
下側がACCだったので、割り込みできるように分岐させます。


20170408160612a4e.jpg
ダブルのギボシと普通のギボシで接続。
圧着端子を買ってくればよかったと後悔。

いやあ、使ったことなかったんであんまり信用してなかったんですよね。
こういうときに使うのね……。

次からは絶対買おう。


2017040816061103e.jpg
車体のほうに取り付けたのと同時に、リレーも取り付けちゃいました。

リレーの赤線は電源、要はバッテリーにつながってます。
間にヒューズをかましてるので、万が一電装がショートしたらここが切れます


20170408160609827.jpg
で、リレーの青線を先ほど分岐させたACCに接続。

青線がつながってるのは「リレーの」スイッチです。

ここに電気が流れると……つまりはキーオンし、ACCに12Vが流れるとリレーもスイッチオン、晴れてバッテリーからリレーに大電流が流れるようになります。

この辺から電装初心者には理解が難しくなってきます。

ていうか私がそうだった。

201704081606083c3.jpg
で、次はアースですかね。

なんか丸形端子が付いた赤線があったので、リレーの黒、アース線につなぎます。
プラスは赤マイナスは黒!」の常識通り、黒くしたほうがわかりやすいんですけどね……。

まあエコよエコ。

適当な場所にボディアースでいいですが、近くのねじ穴は電装のアースにしたかったので、バッテリーのマイナスに帰還させました。

で、ここまでくればもうほとんど配線作業は終わったも同然です。

リレーに残ってる線は黄色、電装品を接続する線だけですからね。


201704081606068fb.jpg
さて、主役のETCです。

いやしかしこのバイク、余剰スペースが無い!

どこも良さそうな場所が無く、泣く泣くシートバッグ(笑)にぶち込んでおきました。

車載工具は撤去。いつか積むスペースを作らねば……。

しっかし、工具固定用のバンドが妙にしっくりくるのがちょっと悔しいです。


20170408160606836.jpg
ETCのプラス線にヒューズがくっついてました。

ナップスの方がつけてくれたものですが、今回はヒューズを装備済みのリレーを間に挟むので撤去。

でもリレーのヒューズは20Aとちょっと定格が高いので、もしかしたらあってもよかったかも。


20170408160604d52.jpg
さあ途中経過。いよいよごちゃごちゃしてきましたね。

今回はすべての配線を現物合わせで作ったので、そう長さを余らせることは無いはずですが……。

うーん。


201704081612362f3.jpg
黄色線にダブルギボシを接続。

というのも、ETCのほかにもう一つ、遺品のUSB電源ポートも接続するからです。
どちらの電装品もプラス線黄色に接続します。


2017040816123076a.jpg
で、電装品のマイナス線を残しておいたねじ穴に共締め。
所謂ボディアースですね。

これで全ての接続は終わりました。

あとは電装品の線をうまい具合にワイヤリングするのみです。

20170408161230b97.jpg
それにしたってちょっと余りすぎじゃないですかね!

USB電源のほうはまだしも、ETCが余りすぎです。

自動車用を使った弊害が思わぬところに出てきましたね。

まあ切れないのでしょうがありません。
クラッチケーブルだか何だかのガイドの中に束にして詰め込んでおきました。



さて、これでやることはやりました。

ETCが点かなきゃもう一度やり直しですが……。


20170408161240d58.jpg
はい、無事に点きました。
USB電源の動作も問題ないようです。


では……高速、行ってきますかあ。










ストトトトトトトーーーー







ビーーーーーーン





ビーーーーイィィントトトトトト









JyO6k.png











---------------
| 割引 ↑ 軽二 |
| ¥   500 |
---------------

















20160706221356.jpg
2017/04/08

ETC復活作戦 その1

一年半ほど前に新調したメガネが、あまりにも早すぎる死を迎えた。
ある日の朝、起き上がる私の肘に敷かれた彼は……苦しむ間もなく、呆気なく逝ってしまった。

葬ってやることはできないが(非常時用的な意味で)、君のことは忘れない(非常時用的な意味で)。






どうも、視力が0.01くらいにはド近眼の私です。

今はまたほかの非常時用メガネをつけてますが、レンズに問題はないものの、フレームが歪んでていけません。
右レンズと左レンズが平行になってないので、かなり気持ち悪いです。目も疲れますし。



さて本題。

私の以前の愛車、ゼルビスには、ミツバの分離型ETCを取り付けていました。

当時はちょうどETCの取り付け助成期間でして、かかったお金はだいたい1万円くらい。
その時はまあ「得した!」と喜んでたんですが……。

201704081606290cf.jpg
一度も使用しないまま、アンテナがぶっちぎれました。

例の事故で吹き飛んでしまったんです。事故後に回収を試みるも時すでに遅し。
ゴミとして処理されてしまっていました。



その時は大した感情は浮かばなかったんですが、新たにバイクを買い直しますとね……。
せっかく取り付けたETCだったのに、カードを挿したことすらなかったのにと、ちょっと悔しくなってきました。

そこで取り付けた店舗に行き、アンテナの修理について聞いてきたんですが、


「申し訳ありません、部品単位では出ないんです」

「仮に直そうと思ったら新品を着けるのとあんまり値段変わらないですよ」

再セットアップも必要になりますね」

「あとXRは分離型より一体型のほうがいいかもしれません」

「せっかくですからETC2.0はいかがですか?」


だそうです。

ですよね。


この時点で店での修理は却下、ヤフオクでジャンクの出品を待ちました。

しかし、待てども待てども出品は無く……。
というか、そもそも二輪用ETCの出品が少ない中、ジャンクなんてのはなかなか出るもんじゃありません。

そこで、何とかならないかググってみると「アンテナはどのメーカーのものでもいい」との情報をゲット。


一気にハードルが下がって、無事にETCを購入できました。

201704081606278fd.jpg
デンソーの自動車用分離型ETCです。



え?二輪用?






f66c1bc1c65f7bcf58ec35e8e6176e06.jpg
出ねえんだよ……。


出なさ過ぎて「こりゃ待つより四輪用でやって人柱になるほうが良いわ」ということになりました。

そんなワケで、結局ジャンクではなく、「四輪用 使えるが車種不明」というものを800円で購入しました。



早速アンテナをぶった切りにかかろう、と思った矢先。

「おー届いたんだ」とか言ってETCを観察していた父が、
「なんか端子の形状似てね?」とポツリ。



20170408160630996.jpg
ホントに?と二輪用ETCの防水ブーツを外したところ……確かに似ています。



これ……もしかして、もしかしてがある感じですか?



2017040816062668e.jpg
あった。

全くの同形状。違いと言ったら若干線が太いように見えるくらい。

よく考えてみたら、端子の形状をいちいち変えるはずがないのは当然のことなんですが、なぜか「無理やり結線しなきゃ取り付けられない」と思ってました。



しかしまあ……この様を見てしまうと、やっぱり二輪用ETCは価格が適正には見えにくいですね。

数が出ないですし、防水防塵処理しなきゃならないのもわかっちゃいますが……うーん。



20170408160624d33.jpg
まあそのあたりはメーカーさんに頑張ってもらうとして、件の防水防塵ブーツをミツバのから剝ぎ取りました。

あ、壊れてるから追い剥ぎか?

201704081606234db.jpg
無理くり入れたら破れたの図。

ラジペン差し込んでグイッと開いてやってたんですが、白いのはバックリ割れた。

一応ゴム用接着剤でくっつけておきました。




さて……では、次はドキドキの点灯試験ですね。

接続が済んだETCに、バッテリーの充電器で12V流してやったところーーーー

201704081606215cc.jpg
おおお……!!

点灯しましたよ!
とりあえず800円は無駄にならないで済んだ!



とはいえ、まだ第一関門をクリアしたまでです。
ゲートが開かなきゃしょうがない。



そのためにはXRの配線を弄りまわさなきゃならんですが……。

サブフレーム外す時に触った配線の数々、だいぶギュウギュウに詰め込まれてる感じだったような。

やる前からゲンナリです……。