2016/08/28

これよりオペを始めます。 その2

~前回のあらすじ~

購入当初からエンジンからの異音という持病を抱えていたゼルビス。
新しいオーナーが中途半端にやる気のある分解癖だったばかりに、手術の練習台とされてしまった。
整備に失敗すればゼルビスの命は潰え、物言わぬ鉄のカタマリへとなり果ててしまう。

果たしてゼルビスの異音は収まるのか。いや、もう一度、走れるようになるのだろうか。

すべては医師免許持ち気取りのオーナーの手に委ねられた……!






どうも、ヤブ医者です。

お遊びも済んで満足したので、続きいきましょう。先に言っときますが、手順は書きませんよ。書けるほどの写真がないからな!

20160821133630764.jpeg
ではリアバンクからいきます。

201608211319103c8.jpegもう写真がないのがバレるヤブ医者。もはや絵日記レベルです。

夏休みだったから正しいのかしら。

20160821133628be4.jpeg
ここまで来るのにどれだけの時間を費やしたことやら。ボルトがアホみたいにガチガチにしまっておるのです。

皆様は絶対に使わないでくださいね、鉄パイプでレンチを延長しました

申し訳ありません学校の先生方……もう軽々しくエンジン開けようとか言いません……。

20160821131908d22.jpeg
無事にカムチェーンテンショナーにたどり着けました。

20160821131907378.jpeg
ーーで、いろいろすっ飛ばして、クランクケースにチェーンが落ちないように引っかけたところです。

このやり方は間違いですから絶対にマネしないように。クランクのカムスプロケットから外れます。




さて、もう外れてるはずの、問題のテンショナーの写真が出てきませんね。でも皆様、わかってるでしょう?

ええ!撮り忘れました。

かろうじて撮ってあった写真がコチラです。

201608211336597ca.jpeg
新旧スライダーです。
まあ、距離相応の削れ具合ですかねえ……。異常に削れてるってことはないでしょう。交換はしときます。



さて、バラしてはみたものの、この時点ではまだ何も問題点がわかりません。フロントもバラします。

もちろんほぼ全カットですが、テンショナーが見えたところで問題発見!

20160821133627cf1.jpeg
リア

20160821133657900.jpeg
フロント

んー?

見え辛いですが、何か可笑しかありませんかね。テンショナーの穴の中の部品。
SMに「おせ!」って書いてあるので押しましたけど、明らかにフロントのほうが沈みこみます。リアはすでに沈んでる感じなのです。

怪しきは分解だ!


例のごとく写真がないので絵で説明いたします。

201608282127323fe.jpeg
絵に言いたいこと全部書きましたけど伝わりますでしょうか(正常だのどうのは無視して結構です、断言できないので)。

フロント、リア共に、スライダーの削れ具合は同程度。つまりブラケットがブッ壊れてる可能性が高いです。
どっちの状態が正しいのかはわかりませんけど、普通に考えたらやっぱりリアが壊れてそうですよね。

しかし、これは参りました。ブラケットは高すぎて(前後で三万越え)買ってないのです。流用できるか一番怪しかったのがブラケットでしたし……。



まあでも、スライダーがいけるので、きっと取り付けられるでしょう。それだけでもわかったのなら大成功です。

さて、原因がわかりましたし、もう何もすることはありません。
エンジンをもとに戻し、ついでにバルブクリアランスも調整して(頂いて)、丸一日かけて組み立て、やっとこさエンジンを始動することができました。

バルブタイミングもあっててよかったよかった。VTRのSMが間違ってるって情報があったので心配だったんですよ。



しかし……今回は本当にタフでハードでファッキンホットな整備でした。

20160821131939ce3.jpeg
タイトル 『闘いのあと』

そのぶん得るものもなかなか多くてためになりましたが。

VTR用のエンジンパーツがそれなりに使えそうってこともわかりましたし。
ただ、私が今回買ったもので、ヘッドカバーガスケットの形は多少異なっていました。部品番号が違うので当然ですけどね。
あんまりおススメはしませんけど、一応そのまま使えます。

今度はブラケットも買いましょう。私の人柱ライフはまだ終わっておりませんからね。
今は燃え尽きたのとお金が無いのとでやる気が出ませんが、そのうちブラケットを買って交換しましょう。そのうち。



……とりあえず、次やるなら夏は無いな。
2016/08/21

これよりオペを始めます。 その1

先日のゲリラ豪雨は凄かったようですね。
目の前に落雷とかもう怖い。私は奇しくも関東を離れていたので事なきを得ましたが……。

まあどっちみち外に出てなかったでしょうから、雨に打たれるってことは無いでしょうけど。






どうもどうも。言ってませんでしたけど、私も夏休みでしたから暇だし更新頻度あげられるかな!と思ってたけどぜんぜんそんなことなかった私です。

結局夏休みは明日が最終日ですし。どこも出かけられませんでした……。

さて、順当に行けば本日はサスペンションの話になるはずですが、ちょっと違う話を。

私のゼルビスは前々から言っている通りウルサイ。特に冬場は怖いくらいガッチャガッチャ言います。暖かくなってもエンブレでジャーッと言います。

調べているうちに、原因はカムチェーンテンショナーだろうという結論に一応至りました。

いろんな手を使いましたが解決には至らず……。もう古ーいバイクですしね。



もう、いい加減腹を括るときかなと思っておりました。

いままでありがとう、ゼルビス。まだまだ一緒に走りたかったけど……。






20160729005745669.jpeg
君にはココで私の犠牲になってもらおう!

購入しましたるは現行VTRのパーツリストから注文しましたパッキン類やらテンショナーのスライダーやらガイドやら。
「流用できない」と専らの噂でしたから、ここはひとつ人柱になってやろうじゃねえか!と思ったワケですよ。

では本題。

と、行きたいですが。今回は長丁場になると思ってたので、ちょっとした環境づくりから始めてみました。

201608211318043b0.jpeg
テント張っちゃった
私のおうちは日影がありませんでね……。あの炎天下でやったら干からびて死んじゃうので。

クーラーボックスなんかも持ってきちゃったりしましてね。

ここまでやったら、あとは快適空間()でチャチャっとバラしていくだけです。

20160821131801eb6.jpeg
チャ

20160821131759617.jpeg
チャっとね。
さすがに何度も脱着してりゃ慣れるものだなあ……。ああいや、キャブをとったのは初めてでしたね。

キャブといえば、お金が無くて買わなかったインシュレーターは意外なほど劣化してませんでした。あれだけ短ければ劣化も少ないんでしょうか。
まだちゃんとゴムといえる弾力と色でしたよ写真忘れましたけど。

さて、やっとエンジンですけど、まずはエンジンに手を入れやすくするために周りの部品を外さにゃなりません。

20160821133630764.jpeg
よくわからないが苦労したってのはケツ下収納です(見えない)。なんとも、知恵の輪というかなんというか……。リアフェンダーまで外さないと動かないんですね。動いたところで配線だのなんだのが邪魔で。
ていうか押しつぶさないと動かせないんですよ。

でもこれがあるとリアバンクに工具入らないですしねー。ぶっ壊す覚悟で取ってやりましたよ。ああもっと賢くなりたい。

20160821133631dec.jpeg
フロントバンクはラジエータ外せば作業できます。ちょうどいいのでこの機に交換もしときましょうね。何年ほったらかされてたかわからないですからね。

2016082113370151a.jpeg
取れました。上しかホースは外してないです。だって面倒だし!
でもファンはベースごと外さないという。この辺が半端なんですよねー……。

抜いたクーラントはシーズンが終わって水も抜かずに放置されているプールの色でした。



さて、これでやっとエンジンを開けられるようになりましたが、長いので区切り。

理由は後々わかりますが、ちょいと準備がいるのですよ。気長に次回をお待ちください。



2016/08/12

サスペンション取り付け

FC2ブログに画像をアップロードするときは圧縮をしますが、最近、アップロードをすると画像サイズがもとに戻る現象に悩まされております。

重たいサイトなんてまっぴら御免ですからどうにかせねば……。




いやー暑い。暑い熱い。バイクなんて乗ってられませんな。私です。

先日ナップスに預けたゼルビス。一週間以内とのことでしたが、二日後には帰ってきました。

やるじゃんナップス……早速サスペンションを取り付けましょう。

20160812204851afb.jpeg
箱から出しました。うーん、なかなか質感高いじゃないですか……赤は失敗だったかなーと思ってましたけど、これなら大満足でございます。

でもオールアルミな割には重たいですね。サスペンションってのはそういうものなのかな?

20160812204852a96.jpeg
長さを変えたいので、エンドのナットを緩めたいんですが……ナットのサイズがデカすぎて工具が大変なことに。
サスペンションの回り止めまでデカいんですよ。こりゃあホムセンのレンチセットでは間に合いませんねえ。

2016081220484947f.jpeg
伸ばせる限界は10㎜です。もっと伸ばせるっちゃ伸ばせますが、メーカー保証が利かなくなるでしょうね。たぶん。

ノギスが一番楽だと思います(最初なぜかメジャーを使った)。

20160812204853e24.jpeg
とりあえず5㎜ロングの純正サイズにしてみましたが……これは。
なんというか、その後の運命がありありと見えるような……。

20160812204855778.jpeg
結局限界まで伸ばしました。いいじゃないの。これなら大丈夫じゃないのですかね!

ヨシャー、試走だ!

201608122054378ad.jpeg
うわあああああああああ(^q^)

ちょっと塗装が剥げてる!削れてるって程じゃないけど干渉してる!

ああー。マジですか。四万円だってのに、コレは凹む。
対策としては新しいエンドを買って(もっと長いのが売ってる)伸ばすか、チェーンをもっと張るかですかね。

そういえば今、チェーンを割とダルンダルンにしてあったんですよねー。いや、またダメにするのが怖くてですね……。
とりあえず、張ったらなんとかなるかもです。



なんとかなってもらわないと困るんですけどね!さすがにコレを腐らせることはできませんもの。

サスペンションの感触自体はいいですしね。ちょっぴり固い気もしますが、これはまあ、車重の違いでしょう。
少なくともアジアンサスみたいな、ほんとに衝撃吸収してんのかよみたいな固さじゃなかったので良し。

プリロードも出荷状態のまんまですからね。快適セッティングを目指したいトコです。

そんなワケで続きでした。直したらまたご報告いたします。

2016/08/06

間の悪い男

あまりにも外に出る用事が無いものですから、最近はエアコンのかかった室内に籠りきりの毎日です。

おかげさまで体が冷え切ってます。まさか湯船でオッサンみたいな声をあげるとは思いませんでした。






どうも。友人から遊ぼうと誘いがあるたびに断る作業に憔悴しきっております、私です。

ゲリラ豪雨とか台風のせいで洗車する気にもならんのですよね。ほんとにバイクに触れない日が続いております。スーパーが目と鼻の先なのでカブにも乗りませんし。

なんですけど、昨日ついにバイクに乗る機会ができました。ていうか、前々から決まってたことなんですけどね。

突然ですが、最近のバイクにはたくさんの電子デバイスが搭載されていますね。有名なものではトラクションコントロールシステム(TCS)ですとか、アンチロックブレーキシステム(ABS)ですとか。ヤマハなんかはIMUとかいう凄いセンサー積んでますね。もともとアプリリアがやってたみたいですが。

そこで、そろそろ私のゼルビスにも電子デバイス、つけようと思いましてね。せっかくですから。何をつけるかって?

それはバイク乗りにとっては憧れのデバイスなのです。一般道ではありえないようなスピード域に突入するためにはかかせないような……まあ、ライテクが半端ねえ人にはいらないかもしれませんが、私のような素人には必要不可欠といっても過言ではありません。

そのデバイスの名は、エレクトロニックトールコレクションシステム

え?なんのことだかわからない?仕方ないですねー。








be31.jpg
ETCです。

え、なんですか。私間違ったこと言いましたか。一般道ではありえないようなスピード域(高速道路)に突入するためのデバイスで、ライテク(料金所の支払い)が半端ねえ人にはいらないデバイス。
ETC以外にあります?

……悪ふざけはこの辺までにしておきまして、大変便利ィなETC。助成が効くうちに取り付けようと思ってたんです。サスがイカレたから尻込みしてただけで。

つまり昨日は近所のナップスまで乗りに行ったんですねー。いやあ、エンジンかからないんで肝が冷えましたよ。何とかかけましたけど、乗れば今度はケツから伝わる猛烈な衝撃でしょう。久々にバイクに乗る人間にはなかなか厳しいものがありました。

なんとか無事にナップスに到着しましたが、スゲー混んでたのでバイクは預けちゃいました。
「また後日来ていただいて、その時即日取り付けなら乗って帰れるんですけど……」と、言ってくれたんですが、どうせサスが届くまでは乗れませんし。
「平気っすよ壊れてるんでHAHA」とか言って、バイク預けて帰ってきました。一週間以内には仕上がる予定です。





しかし。





家に着くと、見慣れぬどデカい段ボール。気になる差出人はweb!ke
「まさか」「そんなはずは」と思いつつ、恐る恐る段ボールを開けるとそこにはーーーーー

2016080609293777e.jpeg
マジか……。