2016/02/26

俺も挑め。

自分のブログをパソコンで見たんですが、何アレ文字デカすぎ。「大きい文字」という機能を使ってたんですが、スマホでpc版にして閲覧するとちっちゃくなるんですね…。今度から気にしてきます。
あ、免許は再発行しました。免許番号の末尾に「1」がついた。


皆様は新型AfricaTwin、もうドリームで見てきましたか?もしかして既に道路で見ました?それとも試乗とかしちゃいました?まさかとは思いますが買った?
私は跨ってきました。運の良いことにDCTのほうです。スタンダードより10キロ増しのヤツ、果たして私が乗れるものなのかどうかしっかり確認してきましたよ!あまりに足付きを気にするあまり、それ以外の写真を1枚も撮っていませんでしたがね!

足つき画像を出す前にまずは私のスペックから。私の身長は164.6cm、体重が52kg、股下は73cm。ついでに足の大きさは25cmと、うんこチビでございます。この日は友人のゾルフ.J.キンブリー氏(仮名)のスーフォアのケツに乗らせてもらってドリームに行ったんですが、乗るときに「え、もう乗ったの?」と言われました。そんなに軽いんか?
AfricaTwinは陸運局に行ってたようで、行ってすぐにはいませんでした。というワケで待つこと30分程。ついにヤツは姿を現しました。ドリームの店員さんにも話はしてあります。すぐに準備してくれました。





20160226154521e5b.jpeg
ア〝ーー高え‼︎
順番的にノーマルポシジョンだと思うだろ?ローポジションなんだぜ、これ……。跨ったままで起こす事すら不可能でした。真っ直ぐに立たせられなかったので片足です。右足はブランブランに浮いてるのにも関わらず、左足も爪先立ちというこの絶望感。斜めになってるとリアサスが伸びちゃうので足付きが悪くなるそうですが、これ多分関係ねえな。
でもこのドリームは本当によいところ。「じゃあ今度はローシート、つけてみましょう」ああ、着けてもらっちゃえるもんなんすか…新車だからそういうのダメかと思ってました。ありがてえ。ありがてえ。…例によってノーマルポジションは無しですがね。悪しからず。
201602261545206df.jpeg
ぬふう。いいじゃん。
確かにまだ高いですけど、そんなに絶望的じゃありません。両足で立つ場合ならゼルビスとそう変わらんでしょう(流石にゼルビスは両足の指の付け根くらいが着きました。スンマセン。)違うのは重さだけです。そして足がつくとわかる重心の低さ。でっかいタンクやら高いポジションやらハイマウントなマフラーやらカウリングやら、重心に物凄い悪影響を与えそうなもんですが…。意外や意外、想像してたより全然安定してるんですよね。ゼルビスはあの大きさからしたらちょっと重心が高い方なんですが、それと同等か、もしかしたらそれよりも…?ってくらいですね。これならちょっと厚底の靴でも履けば怖さは無くなるかもしれません。DCTならシフトペダルないんで天狗の高下駄ばりに高いシークレットブーツでも平気ですし。履きませんが。あともう1つ思ったことが。…意外とコンパクトな感じしません?座高には確かに自信持ってますけど、それにしたって私の身長でこのサイズ感って。中から見ると結構デカいんですけどね。



カタログも貰った帰り際、ドリームの方が「本当に乗りたいと思ったら車高は1cmでも2cmでも、いくらでも下げられますから、諦めないで下さい」と言って下さいました。こうやって跨ってしっかり考えた後だと、以前同じことを言われた時とは受け止め方が180°変わります。乗りたいという気持ちを本当に応援してくれてたんですね。以前はちょいと捻くれてました。
もう、あのドリームに絶対買いに行くと決めました。オプションも全部乗せくらいの気持ちで買いに行きます。お金貯めます。1年…はきっと無理ですね。2年後、このブログをまだ私が続けていれば、内容はゼルビス、カブからAfricaTwinに変わっていることでしょう。それまで私が記事を書き続けられるよう、今後ともよろしくお願い致します。
201602261704465a4.jpeg


2016/02/23

カスタムとは以下略 ゼルビス キャリパー流用番外編

書きたい記事だと筆が乗りますね。今月も10記事到達するとは思わなんだ。



キャリパー番外、と銘打ってはおりますが、今回はブレーキディスクローター流用の話です。前回と同じくマユツバ情報です。
さー行ってみよう!

・ブレーキング製ローター
流用情報でもなんでもないです。「ゼルビス ブレーキローター」で検索すれば出てくる純正サイズのペタルディスクですね。ウェーブローターとも言いますが。純正のローターより明らかに肉が少ないんで、相当な軽量化が期待できそうですね。

・CB500、CB500Sの海外製ローター流用
ゼルビスとフレームが同じということで兄弟車に近い扱いのCB500シリーズ。もちろんローターの寸法などは同じなので、海外で販売されているものが流用できる筈なんですね。同時期のCBF500、600なんかも同じローターを使ってます。ドゥービルとかも。
海外製ローターの中には夢のフローティングディスクなんかもあったりしますので、日本で見てみたいもんですねえ。ARMSTRONGという会社のものなどがあるようです。

・MF10、MF12の社外ビッグブレーキローター流用
上のものを見つけて暫くしてから、ブレーキングのローター適合表を見ていて気付いたことがありました。
「もしかしてフォルツァのディスクって内径とpcdほぼ同じ?」
MF10、MF12のローターの諸元は内径145mm、pcd166mmです。外径こそ256mmと小さいですが、流用出来るんです。
で、フォルツァと言ったらビッグスクーター。ビッグスクーターと言ったらパーツが豊富。コレはなんかあるぞと探したら案の定見つかったんです。それが外径295mmの超ビッグブレーキローター。フォルツァに着けるとホイールが見えなくなります。
しかしゼルビスに着けるならちょうど良い!しかも大好きなフローティングディスクです。極め付けにはキャリパーサポートとセットで1万を切るというそのお値段。や、やばい…欲しい。



これ以降はキャリパーの移動が必要になります。ビッグブレーキローターです。

・Vツインマグナのローター流用
先日ご紹介しましたが、純正より20mm増しの316mmローターです。シャドウ1100や一時期のパンヨーロピアンに使用されているものと寸法が同じです。海外仕様のブロス650に使われている時もありますね。海外名はNT650ホークGTです。こちらもブレーキング製のローターがあります。もちろん純正でも構いません。

・ボンネビル用のローター流用
まさかのトライアンフ、ボンネビル用のローターです。内径とpcdは一緒。外径は310mmです。ネジの径だけ8.5mmと一回り小さいので加工しなければなりません。でもフローティングディスクもあるのでなかなか良さそうです。310mmならアウターローターを他社製と交換できるかもしれませんし。ただし、日本にゃ売ってませんねえ。



そしてこれはローターオフセットの話。

・近所のナップスにごく稀に出没する、ナイトホーク750に取り付けられた、ローターオフセットブラケットが何かを突き止める
なんのこっちゃい、という感じでしょうね。私も何書いてるかよくわかりません。いやね…いつだったか、適当に停めたところの隣にいたんですよね。ダブルディスク化されてましたが、ローターの形状からしてRC42あたりか何かの足が入ってたんじゃないですかと。
RC42はゼルビスのローターと寸法が一緒で、それになんか着いてたんですよねー。ブラケットが。既製品があるんだとしたらとても気になる。

番外編なのにやたらと長くなってしまいました。重ねて申し上げますが、実際に取り付けて試したわけではないので、くれぐれも、お気をつけて…。
2016/02/23

カスタムとは以下略 ゼルビス キャリパー流用編 その4

20160222192023363.jpeg

なかなかモチベーションが上がらず、何も進展の無いキャリパー交換計画。調べてたらもっと簡単そうなやり方が色々見つかって悩んでおります。方押しでも両押しでも、カッコよければどっちでもいい人間ですので、選択肢自体は結構あるんですよね。全てネットで見つけた情報に基づく予想で流用可能かどうか判断してますので、鵜呑みにすると痛い目を見てしまうかもしれません。お気を付けて。

・現行の方押し2ポッド流用
CBR250Rとかのでもいいんですが、どちらかというとNC750ですとかCBR400Rとかに採用されているキャリパーですね。ゼルビスに採用されているものよりカッコいいです。カクカクしてます。性能に差は殆ど無いと思われます。恐らく取り付けピッチは80mmじゃないかと踏んでるんですが…。

・現行の方押し3ポッド流用
コレが結構良さそうなんですよね。カッコいいですし。ABSの搭載された現行のホンダ車は大体この3ポッドキャリパー使ってますね。スーパーブラックバードに使われてたやつも着きそうな感じです。パッドの面積が増えるので制動力もアップするかもしれません。ですがブレーキホースが2本出てるのは頂けないですねえ。ちょっと取り付けが面倒になりそうです。ABSセンサーのマウントもありますし、邪魔かもしれません。キャリパーのピッチは80mmなので流用出来そう。

・NC42のABSモデルの右キャリパー流用
上のものから少し考え方を発展させた結果です。NC42、ABSの右キャリパーなら3ポッドで、しかもブレーキホースが1本で済むんです。センサーマウントも無いです。実はDN-01の右キャリパーもコレなんですよね。恐らく80mmピッチ。

そういえば現行のニッシン対向4ポッドと、旧型のニッシン対向4ポッドは横幅に変わりありませんでした。NC42に乗ってるやつのを確認させてもらったんでこれは確実な情報。

(caution‼︎)ここからは気の迷いです。さらに信憑性の薄い話になってきます。

・NC31、ver.Sのホンダ純正ブレンボ流用
ブレンボのキャリパーって大抵40mmですが、ホンダ純正のブレンボが62mmピッチだという噂があるんです。嘘か本当かわからないんですけどね。見た目はブレンボの65mmピッチと同じですし…。もしこれが62mmピッチであるならば、Nプロのキャリパーサポートに着くんじゃねーか、という話です。ブレンボなら干渉せずに着く可能性ありますしね。

・小排気量車のキャリパーサポート流用でラジアルキャリパー化
更に眉唾な話です。NS-1とかにラジアルキャリパー化のサポートあったりしますよね。元のキャリパーピッチは同じなので、このキャリパーサポートは着いちゃうと思われます。で、ラジアルキャリパーならディスク外径が変わっても対応しやすいですし、意外と簡単に着いちゃうんじゃないかと思ったんです。心配なのはキャリパーのセンターが合うか、キャリパーの角度は大丈夫か、剛性不足ではないかの3点です。まあ、剛性なんかは自作したものを使うよりはマシかもしれませんが。

・ベルリンg
201602231354028c4.jpeg(問題がありましたら直ちに消します)





…一応真面目に書きましょう。ベルリンガーの6ポッドキャリパーに80mmピッチがあるんです。色とかも目立ってイケてますけど、着くかどうかもわからないものに10万近く払うのもねえ…明らかにオーバースペックですし。ニッシン好きだし。


これらが今まで調べてきた「イケそう?」なキャリパー群です。皆さまも素敵な人柱ライフ、送ってみませんか。
2016/02/23

カスタムとは以下略 キャリパー流用編 その3




大誤算に見舞われた私は考えを整理することにしました。ローターのオフセットは意外と簡単そうなのでいいとして、キャリパーサポートはどうすれば良いのか?ハンドルストッパーを修理してもらった工場に持って行って、取り付け面を1.5mmずつ追い込んでもらって、合計で3mmくらいやってもらおうか?しかし、一度完成しているキャリパーサポートを加工するのは至難の技だと聞きます。以前お忙しい中やってもらった身としては気が引ける…。

と、これくらい考えたところで新たな考えが浮かびました。
「作ればいいんじゃないか?」と。

201602230130017f6.jpeg
これは何でしょう。袋には答えが書いてあります。

201602230130409ec.jpeg
イエローカード
嘘です。こちらA2017材、俗に言うジュラルミンですね。板厚は10mmになります。確か送料込みで2000〜3000円だった気がします。これは去年の12月に購入。

20160223013000699.jpeg
車種不明、汎用としてヤフオクに売られていたスペーサーです。板厚は3mmなのでちょうど理想の厚み。寸法を測ってもらって、内径が144、pcdが165だというのを確認しました。これも12月。

201602230129586b6.jpeg
どうせキャリパーサポート作るんだろ?とでっかいブレーキローターを買いました。Vツインマグナ純正です。ゼルビスの296mmに対して316mmと20mmもビッグになってます。内径が145mm、pcdは166mmです。…ん、145mm?スペック上は144mmの筈なんですが…公差ですかね?それはそうと、内径144mm、pcd166mmというのはゼルビス純正と同じです。これは11月に購入。

はい、つまり買ってから何ヶ月も放置状態です。いやなんかやる気出なくて…。放置し過ぎて新しい情報を手に入れてしまう始末ですし。しかも結構理想に近いんですよねえ…。次回に紹介しますね。

…え、なに? …早く作業に取り掛かれ?ははは。
2016/02/23

カスタムとは以下略 ゼルビス キャリパー流用編 その2




さて、(個人的に)むっちゃカッコ悪い気がするゼルビス純正キャリパー。もうブレーキの効きとかは関係無しにカッコよくしたいです。
すぐ浮かぶのは言わずと知れたブレンボキャリパーですね。こちらは取り付け実績もネット上に転がってますので、手っ取り早くカッコよくしたいならコレです。しかしブレンボはちょっとお高い…。それに取り付けピッチが合わないのでキャリパーサポートも合わせて買わねばなりません。更に値が張ります。

私にはそんなお金はありませんし、人とまるっきり同じなのも芸がありません。あとブレンボも丸っこくて、あんましメカっぽくないんですよね。そこで私は考えました。
「ホーネットのキャリパー流用して入れよう」

201602221830510e3.jpeg
これが流用を目論むホーネット250純正、ニッシン対向4ポッドキャリパーになります。あーカッチョいい…やっぱりメカはカクカクしてるのが好きです。ちょっと塗装が剥げちゃってますがご愛嬌ですね。
しかしこのキャリパー、このままでは取り付けられません。ゼルビス純正のキャリパーは取り付けピッチ80mm、対するホーネット純正のキャリパーは取り付けピッチが62mmなんですね。さて、どうするのか?

2016022218305876f.jpeg
でも大丈夫。「ゼルビスと同じキャリパーが使われている」、「VTR250用の」キャリパーサポートがあるんです。取り付けピッチを80→62にしてくれる救世主です。Nプロジェクトの製品ですね。これなら着くはず。

20160222183042291.jpeg
まずは仮着けをしたいので純正のキャリパーを外してしまいます。ブレーキホースにキャリパーの重みがかからないように適当な物で吊るします。なんも無かったんでネットを使ったんですが…なんか水揚げされたみたいですね。

20160222183044f7c.jpeg
仮止め。ウヒョー、段違いにカッコよくなりました。顔を洗ったらキムタクになるCMばりに。それにすごく簡単に着いちゃいましたし。これはもうゼルビスにニッシン4ポッド、流行りますね!








と思っていた時期が私にもありました。ブレーキホースを繋げてフルード送ってエア抜きまでしてから事件が起きたのです。いざバイクを動かそうと思ったら、動かないんですよね。ビクともしませんでした。「まさかハズレキャリパーだったのか!」と辟易したんですが、それよりもっと酷いことが起きてました。

201602221920215df.jpeg
OMG……
塗装ハゲってことは、か、干渉……しかもこういう段付きキャリパーサポートはマイナス側にはオフセットできてもプラス側にはオフセットできない。しかもしかも、いまオフセット0でキャリパーのセンターが出てるから、シムをかませばかます程センターはズレる。…あれ、詰んだ?

20160222183045cf9.jpeg
後日確認したところ、あーこれはダメだ。余裕が無いとかじゃなく、もう何をしたって当たる。ローターごとオフセットしなきゃダメです…。


実はコレ、去年の話です。世のゼルビス乗りたちに私のような悲しい思いをさせたくないと思ったのが、このブログを始めた一番のきっかけであるのです。ブレンボがすんなり干渉なしで入るってのは凄いことだったんですねえ。つまりは取り付けた状態でマイナス側へのキャリパーの張り出しが少ないんでしょう。見た感じキャリパーの幅はそこまで変わらないような気がするんですが、いったいどういうことなんでしょう。ブレンボ社のイタリアンマジックですかね。

20160222235700736.jpeg
取り敢えず、ニッシンの最大の横幅だけ置いていきますね。86.25mmです。文字の所ごと測っとります。本当は比較をしたいんですが……お金無いんで、どなたかブレンボ40mmピッチ、キャスティング4ポッドの横幅の情報提供、お待ちしております。
2016/02/22

カスタムとは以下略 ゼルビス キャリパー流用編 その1

座右の銘は『ポン付けのポン付けはポン付け』です。



こんばんは。バイク乗ってますか?私は乗ってません。財布落としたから('A`)
ということで、今日の更新は憂さ晴らしと暇潰しです。でも、兼ねてより書きたい記事だったので適当には書きませんのでご安心下さい。

このブログを見て下さっている方にゼルビス乗りは何人いらっしゃるでしょうか。もしいたとしたら、その方は一度はこんな話を聞いたことがあると思われます。
「ゼルビスは曲がらない、止まらない」

嘘です。少なくとも普通に走ってる分には何の問題もありません。ちょっと遊んだって破綻することはありません。それを裏付ける話をしましょう。「止まらない」の方だけですが。
まずはゼルビスのブレーキのスペックをば。ゼルビスのブレーキは296mmのローターに方押し2ポッドのキャリパーという組み合わせです。この組み合わせで充分。現在の250クラスは大体こんな感じです。GSRに至ってはゼルビスより重たいですし。

では、何故この記事を書くのか。制動力に不満は無いはずです。ええ、確かに不満を感じたことは一度もありません。ブレーキの性能に関しては、ですが。まずはこちらの画像をご覧下さい。

20160222192023363.jpeg
こちら、純正のキャリパーになります。ハッキリ言わせてもらいますが、カッコ悪い(個人の感想です)。なんかオモチャっぽいんですよ。見た目が。あと何かお尻っぽい
つまりは、ブレーキ性能は確かに不満がないが、素敵性能に不満がある、という話なのです。
2016/02/18

いや、確かに掃除は苦手です

私のゼルビスはホイールを黒く塗装していたはずですが、今日見たら茶色いホイールになってました。錆びたのかな(錯乱)

20160218195536bd5.jpeg
もうお忘れかもしれませんが、シュアラスターをオイルに添加してから700キロを走りました。前回の記事でも書きましたが、先人の方々のレビューから、効果が現れるタイミングが700キロくらいかな?と見当をつけてたんです。ということでレッツ確認!オイルチェキ!
20160218195537518.jpeg
あー。
特に変わりませんでした(わかりにくいですが)。まだ透き通ってます。やっぱりVT系長年の持病ですからねえ。そう簡単には直らんですね。そもそもオイルが勢いよく流れる場所なワケでもないですからね…上から垂れてくるオイルがテンショナーのチャンバーに溜まるだけですから。最近の台所洗剤のCMのようにはいかないようです。

でも落胆することはありません。700キロはあくまで指標であって、これから1000〜2000キロくらい走ってから効果が現れる可能性だってあるのです。むしろそれくらい走ることを推奨されてますしね。それにまだ1回分残ってますし。
そういうことですから、あと1500キロくらいはこのままで走ってみます。待て次号!
2016/02/13

地球に挑め。

今日ちょっと出かけてきたんですが、初めてリザーブを使いました。帰ってきてガソリンを入れたところ15.66L入っ…ギリギリじゃないか。あぶねえ。

http://www.honda.co.jp/CRF1000L/
ついに日本に来ましたね。新型Africatwin。近所のドリームに来るのは22日ですけど、楽しみでしょうがありません。しかしDCTモデルはほぼ150万円ですか。ん〜、高級車ですな。でもお金は関係ありませんよね。まだ買える金額なだけ恵まれてます。ていうか私が気にしているのはシート高だけです。
というワケで調べてきました。一体どんな短足救済措置が…

http://www.honda.co.jp/bike-accessories/CRF1000L/seat/index.html
20160213222916b4e.jpeg
いた!
いましたありました。ローシート様です。いやあいい響きですね。これ以上無いほど短足達の哀しみがこもった響きです。これで幾ら高さが下がるんでしょうか?…30mm。ということは、ローポジションでそのシート高は820mm…。い、いける。乗れる!

いやあ。乗れそうってのがわかると悔しくなりますね。だってすぐには買えないんですもん。しかも今成約すると先着280名でなんか貰えるらしいですよ。いいなあ。どなたか買って手に入れて下さい。買ったら見せて下さいね。
2016/02/12

良い整備は良い環境から!

私がインフルで寝込んでいるうちにアクセス数が100を超えていました。ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

本日、病み上がりですので体の慣らしがてらにアップガレージライダース巡りをしてきました。ちょっと欲しいものがあったんですが、なんていうか、ホンダ車ってカスタムに向かない気がします。悪い意味では無いんですがね。中古パーツが置いてないんですよね。量が少ない。

まあそれは今日の本題じゃありません。アップガレージに行った後、帰ってくる途中でアストロに寄ったんです。何も買うつもりは無かったんですが。
20160213013438dd6.jpeg
一体これは何なんでしょう。店を出たら私の手にこんな物が。
20160213013437b75.jpeg
というワケで、おニューの工具です。学校の先生にもオススメされたSIGNETのツールです。今まではおト-チャンが20年くらい前から使ってる、メーカーすら忘れられたような工具を使ってたんですが、つい先日、遂に寿命を迎えました。そこで定価約1万の工具が半額で手に入るとなったら、買いますよね。
今までSIGNETはあまり知らなかったんですが、先生が教えてくれました。カナダの会社なんだそうです。というか、ブランドですね。1990年創業ってことで、歴史はそこまで長くないブランドですね。自社で工具を製造してるワケではなくて、提携している各地の工具メーカーの工場で作っているようです。つまり日本製。複数のメーカーと提携していて、そのメーカーが得意としている工具をそれぞれ作ってもらっているので品質も良いとか。オマケに製造がOEMそのものなので安上がり。なんか良いことづくめです。

SIGNETはギアレンチが有名だそうです。使ったら虜になってしまうとか、ギアレンチにアップデートがあればツールボックスの中身もすぐアップデートされるだとか。調べてみたらカラフルなツールボックスで、所有する楽しみもあります。リーズナブルなのもアマチュアには良いことですね。いつか買ってみたいですね。
2016/02/07

カスタムとは流用することと見つけたり




前回から大分間が開きました。なぜか?風邪をぶり返しました。しかもインフルエンザです。前回とは比べ物にならない程辛いです。40度なんて久しぶりですよ…。
まあ、気を取り直して更新していきましょう。

ゼルビスって車種専用のカスタムパーツが全然ありません。オプションもキャリアくらいしかありませんでした。あっても中々お目にかかる事ができません。これはゼルビスに限らず、ほとんどの絶版車に言えることですが…。では、そんなバイクはどうやってカスタムすれば良いのか。そこで他車種流用って話が出てくるワケですね。

20160207194249ab8.jpeg
はい、ナックルガードです。父親がGSR250にVストロームのナックルガードを流用してまして、色々あって割れちゃったそうなので、その割れたやつを取り付けました。

20160207194248945.jpeg

20160207194246010.jpeg

20160207194245ece.jpeg
そのまんまじゃ着けられないので、穴あけをして干渉するところをカットします。取り付けはタイラップです。しかし、これだけ加工しちゃうと、流用というよりは使い回しと言った方が適切かもですね。

2016020719434070e.jpeg

20160207194339e7f.jpeg
クリアランスは超ギリギリです。ホンダのナックルガードならもうちょいスンナリ着いたかもですね。

とりあえずこれで走ってみましたがひとまずは大丈夫そうです。タイラップばかりなんで風圧で飛んでくんじゃないかと思いましたが。肝心の防風効果は中々のモンです。



今日はこれでおしまいです。インフルエンザが治ったらもっとまともなこと書きますね。